コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招魂祭 しょうこんさい

4件 の用語解説(招魂祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

招魂祭
しょうこんさい

死者の霊魂を招き迎えて祀る儀式。靖国神社護国神社招魂社と呼ばれていた頃行われた慰霊祭。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうこん‐さい〔セウコン‐〕【招魂祭】

死者の霊を招いて行う祭り。
招魂社の祭り。各地の護国神社行われる。東京の靖国神社で行われる春季大祭・秋季大祭をさしていうこともある。 春》「春も早や―のころの雨/風生

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうこんさい【招魂祭】

死者の霊をまつる式典。
招魂社の祭典。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

招魂祭
しょうこんさい

幕末に始まった新しい神道(しんとう)の祭祀(さいし)で、国事に殉じた非命の志士の霊を慰めるために営まれたもの。全国的な最初の招魂祭は1862年(文久2)12月、京都の東山(ひがしやま)霊山で執行され、津和野(つわの)藩士福羽美静(ふくばびせい)らが安政(あんせい)の大獄以後の志士の霊を祀(まつ)った。ついで明治維新となり、新政府は68年(慶応4)5月、東山に招魂社を建て、幕末以来の殉難者、戦死者を合祀(ごうし)することを布告した。そして同年7月、京都・河東(かとう)操練場で戊辰(ぼしん)戦争での官軍側戦死者の大掛りな招魂祭を実施した。また東京においても軍務官が招魂祭を行うことを計画、69年(明治2)6月に至って九段に招魂社を設けて招魂祭を営むことになった。これがいまの靖国(やすくに)神社の前身東京招魂社である。[阪本是丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

招魂祭の関連情報