コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍務官 ぐんむかん

大辞林 第三版の解説

ぐんむかん【軍務官】

明治初年の軍政機関。1868年(明治1)設置され、翌年兵部省へ改編。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍務官
ぐんむかん

陸軍省、海軍省の前身で、1868年(慶応4)閏(うるう)4月21日に太政官(だじょうかん)の一官として京都に設置された軍政機関。海軍、陸軍の2局と、築造、兵船、兵器、馬政の4司を統轄し、兵庫、敦賀(つるが)、東京に軍務官出張所を逐次設置した。奥羽征討の戦乱期に、諸藩徴兵細則制定や兵学校設立などに着手し、諸藩の武力統制や陸軍士官養成などを進め、常備軍制度の萌芽(ほうが)となる。69年(明治2)7月、兵部(ひょうぶ)省設置により廃止。[遠藤芳信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

軍務官の関連キーワード戊辰戦争明治早竹虎吉(初代)東京(都)ブートレロフ相楽総三慶応土佐十一烈士墓小栗忠順日柳燕石

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone