軍務官(読み)ぐんむかん

大辞林 第三版の解説

ぐんむかん【軍務官】

明治初年の軍政機関。1868年(明治1)設置され、翌年兵部省へ改編。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍務官
ぐんむかん

陸軍省、海軍省の前身で、1868年(慶応4)閏(うるう)4月21日に太政官(だじょうかん)の一官として京都に設置された軍政機関。海軍、陸軍の2局と、築造、兵船、兵器、馬政の4司を統轄し、兵庫、敦賀(つるが)、東京に軍務官出張所を逐次設置した。奥羽征討の戦乱期に、諸藩徴兵細則制定や兵学校設立などに着手し、諸藩の武力統制や陸軍士官養成などを進め、常備軍制度の萌芽(ほうが)となる。69年(明治2)7月、兵部(ひょうぶ)省設置により廃止。[遠藤芳信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android