コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍務官 ぐんむかん

大辞林 第三版の解説

ぐんむかん【軍務官】

明治初年の軍政機関。1868年(明治1)設置され、翌年兵部省へ改編。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍務官
ぐんむかん

陸軍省、海軍省の前身で、1868年(慶応4)閏(うるう)4月21日に太政官(だじょうかん)の一官として京都に設置された軍政機関。海軍、陸軍の2局と、築造、兵船、兵器、馬政の4司を統轄し、兵庫、敦賀(つるが)、東京に軍務官出張所を逐次設置した。奥羽征討の戦乱期に、諸藩徴兵細則制定や兵学校設立などに着手し、諸藩の武力統制や陸軍士官養成などを進め、常備軍制度の萌芽(ほうが)となる。69年(明治2)7月、兵部(ひょうぶ)省設置により廃止。[遠藤芳信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

軍務官の関連キーワード小沢 武雄大木 喬任大村益次郎彰仁親王松尾但馬日本海軍船越 衛佐田白茅賀川蘭皐大木喬任植田有年兵部省招魂祭七官改編

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android