コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指腹婚 しふくこん

3件 の用語解説(指腹婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指腹婚
しふくこん

出生前の子を当事者として,親同士の間で取決める婚約。婚姻に際して婚姻当事者間の意志にかかわらず,婚姻の相手が地域集団,親族,家族などの単位で定められている規定的婚姻の一種で,当事者間の自由な意思による優先的婚姻とはその原則が違う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しふくこん【指腹婚 zhǐ fù hūn】

旧中国における婚姻風習。懐胎している婦人の腹を指し,その親同士が子の出生にさきだって取り決める婚約をいう。単に指腹ともいう。妊娠出生以前に,生まれてくる子の将来の婚姻を親が約束する事例は,すでに後漢の時代にあるが,指腹の語の用例は南北朝時代に最初にみられる。これは,家柄・人物を重んじる貴族社会の中で生じた特異な早婚であった。しかし指腹の風習は,唐をへて宋・元になると俗間に広く行われるようになり,識者によって非難されたり,法律によって禁止の措置がとられるまでになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しふくこん【指腹婚】

古く中国で、子が母親の腹中にあって生まれる以前に、妊婦の腹を指してその子の結婚の約束を親同士が交わすこと。指腹の約。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の指腹婚の言及

【幼児婚】より

…幼児を双方または一方の当事者とし,その親によって取り決められる婚姻。極端な場合には中国の〈指腹婚〉のように,出生前に決めるものもある。契約と同棲が別々に行われる場合には,幼児婚約と区別し難い。…

※「指腹婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

指腹婚の関連キーワード合作社嫡出子主体思想懐胎自由婚姻風習入夫婚姻地域大国ABET買売婚

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone