コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排日移民法 はいにちいみんほう

百科事典マイペディアの解説

排日移民法【はいにちいみんほう】

1924年制定の米国の割当移民法。1907年の日米紳士協約で日本は対米移民を自発的に制限することを約束したが,その後も米国政府はこの協約の実効について不満をのべカリフォルニアの排日運動も激化した(排日土地法)。
→関連項目移民日系アメリカ人

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいにちいみんほう【排日移民法】

20世紀初め日本移民を制限したアメリカの一連の法律。とくに1924年に成立した割当移民法を指す(ただし,カナダ,オーストラリアのほか,ラテン・アメリカ諸国にも排日移民法は存在した)。この法律によって,日本人は帰化不能外国人ということで入国はいっさい禁止された。日本移民の排斥は,19世紀末日本移民がアメリカ本土に数千しかいなかったころから始まり,20世紀になると,カリフォルニアをはじめ西部諸州で激しくなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

排日移民法の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)日米通商航海条約仲村 権五郎バンクロフト関東大震災埴原 正直埴原正直ハワイ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排日移民法の関連情報