コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛塚 かけつか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掛塚
かけつか

静岡県南西部,天竜川の河口,磐田市南西部の旧町域。 1955年2村と合体して竜洋町に改称。 2005年4市町村と合体して磐田市となった。江戸時代,筏流しの天竜木材や茶,織物などの集積港として栄えたが,明治以降,東海道本線の開通で,その役割を失った。近年は掛塚大橋の完成により,近接の浜松市などから自動車部品,楽器部品,繊維関連の工場が進出。また,メロンを特産し,野菜の温室栽培の中心地としても知られる。天竜川河口では,ウナギの養殖,アユの稚魚育成も行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かけつか【掛塚】

遠江国(静岡県)磐田郡天竜川河口に位置する港。古くは〈かけすか〉と呼び,天竜川河口の大きな中州で,徳川家康の父松平広忠が,三州長崎城を追われて伊勢神戸城にいたのを,その臣阿部定吉が救い出して掛塚に居を移し,十郎島の鍛冶五郎の家にかくまわれていたという由緒が伝えられている。港は流下した砂礫によって包まれ半環状をなしている。江戸時代天竜地帯の木材ばかりでなく,その他の物資,遠くは桑名の蔵米の江戸への輸送なども引き受けてにぎわったという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掛塚
かけつか

静岡県磐田(いわた)市南西部の一地区。旧掛塚町。天竜川河口の港町として、戦国時代以来天竜木材、茶、綿、織物の積み出しで繁栄した。天竜川に架かる掛塚橋と遠州大橋で浜松市と結ばれる。10月に行われる掛塚屋台祭りは豪華な屋台で知られ、多数の見物客でにぎわう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の掛塚の言及

【竜洋[町]】より

…天竜川河口東岸に位置し,南は遠州灘に面する。中心の掛塚は,1889年の東海道本線開通まで天竜川沿岸の木材などの積出港として繁栄し,〈遠州の小江戸〉とも呼ばれた。全域が天竜川の沖積地で,砂地の畑と水田が広がり,温室メロン,白ネギなどを産し,稲作や畜産も盛んである。…

※「掛塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

掛塚の関連キーワード静岡県磐田市掛塚木場(貯木場)竜洋[町]加々爪直清静岡(県)加々爪直澄角倉了以丘浅次郎遠州鉄道遠江国佐久間遠州灘木場

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛塚の関連情報