コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竜 てんりゅう

5件 の用語解説(天竜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天竜
てんりゅう

静岡県西部,浜松市中部の旧市域。天竜川の下流域にある。 1958年市制施行に伴い二俣町から天竜市に改称。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。中心市街地の二俣は,天竜川とその支流の二俣川が合流する谷口に発達した集落。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てん‐りゅう【天竜】

八部衆のうち、天衆(てんしゅ)竜神
天宮を守る竜。天上の竜神。てんりょう

てんりゅう【天竜】[浜松市の区]

静岡県浜松市の区。旧市名。二俣地区は木材の集積地で、製材業が盛ん。→浜松

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんりゅう【天竜】

仏法守護の八神である八部衆のうちの天と竜。
天宮を守る竜。てんりょう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竜
てんりゅう

静岡県西部にあった旧市名。現在は浜松市の中部にあり、天竜区の南部を形成する地域。天竜川中流部とその支流の阿多古(あたご)川、二俣(ふたまた)川、気田(けた)川の流域を占める。旧天竜市は、1956年(昭和31)二俣町と光明(こうみょう)、竜川(たつかわ)、熊(くま)、上阿多古、下阿多古の5村が合併し二俣町となり、1958年市制施行、天竜市と改称。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。赤石(あかいし)山脈南縁の高峻(こうしゅん)な山岳群に囲まれ、中央構造線の南東部にあたり、赤石裂線とよばれる平行断層線が南北に走る。地域の大部分はその西側で、天竜川が中央部を南流する。古くから遠江(とおとうみ)(静岡県)と信州(長野県)をつなぐ交通の中心地で、天竜浜名湖鉄道、国道152号、362号などが通じる。地域の82%が山林で、スギ、ヒノキの人工林は80%を占め、製材、木工加工業が主産業。二俣地区は木材の集積地、製材工業の中心地。船明(ふなぎら)は、江戸時代に榑木(くれき)(板材)を筏(いかだ)に組み、川下げする船筏番所が置かれ、木材の集散中心地であった。鹿島地区に自動車部品・計器工場が進出し、過疎化の防止役を担っている。農業は茶とシイタケの栽培が中心。桜の名所鳥羽山(とばやま)公園、徳川信康(のぶやす)が自害した二俣城、船明ダム、天竜舟下りなどへの観光客も多い。懐山(ふところやま)で行われる民俗芸能「おくない」は「遠江のひよんどりとおくない」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。[川崎文昭]
『『天竜市史』全17巻(1974~2004・天竜市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天竜の関連キーワード静岡県浜松市天竜区大川静岡県浜松市天竜区大谷静岡県浜松市天竜区熊静岡県浜松市天竜区佐久静岡県浜松市天竜区佐久間町中部静岡県浜松市天竜区相津静岡県浜松市中区中央静岡県浜松市天竜区月天竜〈市〉静岡県浜松市天竜区長沢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天竜の関連情報