コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐田市 いわた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磐田〔市〕
いわた

静岡県南西部,天竜川東岸に広がり,遠州灘に臨む市。 1948年市制。 1955年大藤村,向笠村,御厨村,長野村の4村と南御厨村の一部,1956年岩田村と田原村の一部,1957年於保村の一部をそれぞれ編入して市域を拡大。 2005年福田町,竜洋町,豊田町,豊岡村の4町村と合体。中心市街地は磐田原台地末端の見付と中泉。見付は古くは国府の所在地として遠江国の中心地で,東海道の宿場町として発展。 1889年東海道本線の敷設を避けたうえ,浜松が発展したため農産物の集散・加工地にとどまった。遠江国分寺跡 (国指定特別史跡) や銚子塚古墳,新豊院山古墳群,旧見付学校附磐田文庫 (ともに国指定史跡) などがあり,見付天神裸祭は国の重要無形民俗文化財。中泉は,江戸時代は代官所在地にすぎなかったが,東海道本線が敷設されると駅前町として発展した。海岸沿いの砂地などで温室メロンやチャ (茶) ,ネギ,エビイモなどを栽培。繊維や金属,自動車,楽器などの工場が立地する。太田川の河口付近にはウナギの養殖場やシラス加工の工場がある。熊野 (ゆや) の長フジは国の天然記念物。市域の一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。 JR東海道本線,天竜浜名湖鉄道,国道1号線,150号線などが通り,東名高速道路のインターチェンジがある。面積 163.45km2(境界未定)。人口 16万7210(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわた‐し〔いはた‐〕【磐田市】

磐田

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

磐田市の関連キーワード静岡県磐田市宇兵衛新田静岡県磐田市源平新田静岡県磐田市三ケ野台静岡県磐田市福田中島静岡県磐田市富士見台静岡県磐田市請負新田静岡県磐田市富士見町静岡県磐田市下大之郷静岡県磐田市松之木島静岡県磐田市藤上原静岡県磐田市下神増静岡県磐田市塩新田静岡県磐田市七軒町静岡県磐田市下岡田静岡県磐田市堀之内静岡県磐田市下野部静岡県磐田市三ケ野静岡県磐田市一番町静岡県磐田市今之浦静岡県磐田市梅屋町

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磐田市の関連情報