コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦り付ける コスリツケル

デジタル大辞泉の解説

こすり‐つ・ける【擦り付ける】

[動カ下一][文]こすりつ・く[カ下二]
こすってくっつける。「クリームを顔に―・ける」
押しつけてこする。「マッチを―・けて火をつける」「犬がからだを―・けてくる」「額を畳に―・けて頼む」

なすり‐つ・ける【擦り付ける】

[動カ下一][文]なすりつ・く[カ下二]
なすってつける。「傷口に薬を―・ける」
過失などを他人に押し付ける。転嫁する。「自分の罪を人に―・ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こすりつける【擦り付ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 こすりつ・く
強く押し付けてこする。 「馬が鼻づらを-・けてくる」
物を他の物の表面にこすって付着させる。なすり付ける。 「手に付いたペンキを壁に-・ける」

なすりつける【擦り付ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 なすりつ・く
こすってつける。こすりつける。 「泥を壁に-・ける」
責任・罪などを他人に負わせる。 「罪を人に-・ける」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

擦り付けるの関連情報