コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃く/刷く ハク

デジタル大辞泉の解説

は・く【掃く/刷く】

[動カ五(四)]
箒(ほうき)でごみを払い除く。そうじをする。「部屋を―・く」
(刷く)はけや筆などでさっと塗る。「紅を―・く」
蚕の掃き立てをする。
遊里で、相手を決めず多数の遊女と関係を持つ。
「お客に一度でも―・かれたことはないわいな」〈伎・伊勢音頭
[可能]はける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はく【掃く】

( 動五[四] )
ほうき・刷毛はけなどで表面をさっとなでるようにして、塵ちりなどを除く。また、掃除をする。 「毎朝、道路を-・く」
刷毛や筆でさっとなでて、色をつける。 「紅を-・く」
養蚕で、掃き立てをする。
はらい除く。 「まつろはぬ人をも和やわし-・き清め/万葉集 4465
遊里で、なじみにならずに、手当たり次第に芸娼妓を揚げる。 「お客に一度でも-・かれた事はないわいな/歌舞伎・伊勢音頭」
[可能] はける
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掃く/刷くの関連キーワードオートクラスティック・メランジ煤籠り・煤篭り・煤籠もり四角な座敷を丸く掃く同音語のアクセント掃き込み・掃込みスイーピング法ケプラーの法則スイーピング玉箒・玉帚スイーパーカーリング掃き掃除ケプラーカルーナ箒・帚掃込み掃除高砂掃き掃部