コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政教分離法 せいきょうぶんりほう Loi de Séparation de l'Église et de l'État

1件 の用語解説(政教分離法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政教分離法
せいきょうぶんりほう
Loi de Séparation de l'Église et de l'État

1905年 12月にフランスで成立した法律。 A.ブリアンによって作成され,M.ルービエ内閣のもとで成立。 1801年のナポレオン (1世) とローマ教皇との協約以来のカトリック教会に対する国家の保護を廃止し,国家はいかなる宗教も公認せず,またそれに補助金を支出することはないと規定,反教権主義の総決算となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政教分離法の関連キーワードアレクサンドラン三国協商ブランル終り値フランスデモCOGEMAバトルフランスフランス・デパート殺人事件ナイメーヘンの和約ドミニックフランス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政教分離法の関連情報