コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政教分離法 せいきょうぶんりほうLoi de Séparation de l'Église et de l'État

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政教分離法
せいきょうぶんりほう
Loi de Séparation de l'Église et de l'État

1905年 12月にフランスで成立した法律。 A.ブリアンによって作成され,M.ルービエ内閣のもとで成立。 1801年のナポレオン (1世) とローマ教皇との協約以来のカトリック教会に対する国家の保護を廃止し,国家はいかなる宗教も公認せず,またそれに補助金を支出することはないと規定,反教権主義の総決算となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

政教分離法の関連キーワードブリアン(Aristide Briand)コンブ(Emile Combes)P.M.R. ワルデック・ルソーフランス史(年表)ワルデック・ルソーエミール コンブ第三共和政ルーベ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政教分離法の関連情報