コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数表 すうひょうmathematical table

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数表
すうひょう
mathematical table

関数 f(x) に対して,独立変数 x に対応する f(x) の値を求め,これを表にまとめたもの。ときには,実験室で得られた経験的数値表をも含めていうことがある。数学上の特殊計算,工学,天文学,物理学,化学,統計法など応用科学における計算作業の労を省くために作成された数値の一覧表として生れた。おもな数表としては各種の数学上の定数,累乗,対数関数,円関数,指数関数,双曲線関数,素数と原始根,指数表,階乗,二項係数,ベルヌーイ数とオイラー数,三角関数とラジアン,楕円積分,Γ 関数,ベッセル関数,関数の数値解法における近似公式の係数,統計数値表などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すう‐ひょう〔‐ヘウ〕【数表】

さまざまな性質を示す数値を、計算などに利用しやすいように表にしたもの。平方表・立方表・三角関数表対数表・統計数値表など。数値表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すうひょう【数表 mathematical table】

数値表とか関数表などと呼ばれる。応用上よく用いられる関数に対して,xのいろいろな値におけるその関数値f(x)を表にしたものが数表である。の値を表にした平方根表,log10xを与える常用対数表やlogexによる自然対数表,三角関数sinx,cosx,tanxなどを与える三角関数表など,各種の初等関数に対する数表は古くから知られ実用に供されてきた。また特殊関数に対する数表も重要で,例えばベッセル関数Jn(x)のように前世紀のはじめ惑星の運動論で扱われて以来,その関数値は各種の具体的な応用数学の問題の解法に用いられてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すうひょう【数表】

ものの量や性質などを表した数値を、目的に応じて利用するために、一覧表にしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

数表の関連キーワード俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄拍子記号[time signature]スターリングの補間公式アクティブウィンドウチャールズ・バベッジミラー‐ブラヴェ指数randomiseひらいたトランプ蒸気表・蒸気線図横メルカトル図法インジケーター比例部分の法則プトレマイオス抗菌スペクトルベルヌーイ数アドミタンス365日貯金ベルヌーイ粒子数表示統計的検定

数表の関連情報