コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷石住居址 しきいしじゅうきょし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敷石住居址
しきいしじゅうきょし

平たい石を円形,あるいは部分的に敷いた床をもつ住居址縄文時代中期の後半から後期の初めにかけての短い期間のもので,東京,神奈川,静岡,山梨,長野,群馬などに分布する,きわめて特殊な遺構である。なかには炉跡もなく,あっても火を使った痕跡のないものもあり,一般住居として用いられていなかったものもあると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しきいし‐じゅうきょし〔‐ヂユウキヨシ〕【敷石住居×址】

縄文時代の建物跡の一種。地表あるいは掘り下げた面に多数の石を敷きつめてある。関東・中部地方にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敷石住居址
しきいしじゅうきょし

床面に平石を敷いた住居址状遺構。縄文時代中期後半から後期前半にかけて、関東地方西部から福島県、中部地方東部にまでみられる。直径5メートル前後の円形または方形に扁平(へんぺい)な川原石、平石を敷き詰め、中央に石囲いや炉をもつものが一般的である。周辺部のみに石を巡らしたもの、一部に張り出し部のある柄鏡(えかがみ)形のもの、埋甕(まいよう)や張り出し部のみ敷石のもの、柄鏡形で敷石のないものなど種々ある。敷石住居址からは埋設土器のほかに、石棒(せきぼう)、凹石(くぼみいし)、石皿(いしざら)、石斧(せきふ)、敲石(たたきいし)が出土することが多く、炉の中から焼けた獣骨が出ることもある。
 敷石住居址の性格は、一般住居説、一般住居中の祭祀場(さいしじょう)説、共同祭式の場説などという見方がある。柱穴、炉、埋甕の存在からは住居の性格が強いが、敷石の祭壇や呪術(じゅじゅつ)的遺物の存在からは祭祀的性格が強い。縄文中期後半の環境悪化に対応した祖霊崇拝、狩猟儀礼の場がとくに必要になったからと考えられる。[十菱駿武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

敷石住居址の関連キーワード配石遺構

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android