コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤与里 さいとう より

4件 の用語解説(斎藤与里の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

斎藤与里

洋画家。埼玉県生。名は与里治。京都聖護院洋画研究所に学ぶ。渡仏しローランスに師事。帰国後は後期印象派を日本に紹介し、岸田劉生らとフュウザン会を結成するなど、洋画界進展に大きな役割を果たした。のち大阪に移り、矢野橋村と大阪美術学校を設立した。春陽会会員。槐樹社創立会員・東光会創立会員。日展参事。文展・帝展特選。昭和34年(1959)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

斎藤与里【さいとうより】

洋画家。本名与里治。埼玉県生れ。1906年渡仏してアカデミージュリアンで学び,後期印象派に共鳴,1908年帰国後太平洋画会展に滞欧作を発表した。その後フュウザン会,槐樹社,東光会の結成に参画し,大阪美術学校設立にも参与。
→関連項目川口軌外矢野橋村

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤与里 さいとう-より

1885-1959 明治-昭和時代の洋画家。
明治18年9月13日生まれ。浅井忠(ちゅう),鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう)の画塾でまなび,渡仏。帰国後,後期印象派,フォービスムを日本に紹介。大正元年岸田劉生(りゅうせい)らとヒュウザン会を結成。5年文展で「収穫」が特選。のち大阪美術学校,槐樹(かいじゅ)社,東光会を創立。戦後,日展参事となる。昭和34年5月3日死去。73歳。埼玉県出身。本名は与里治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

さいとうより【斎藤与里】

1885~1959) 洋画家。埼玉県生まれ。浅井忠、鹿子木孟郎に学び、渡仏。帰国後、後期印象派を紹介。フュウザン会の結成に参加した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の斎藤与里の言及

【フュウザン会】より

…フュザンfusainとはデッサン用の木炭のこと。1912年(大正1)斎藤与里(より)(1885‐1959),岸田劉生,清宮彬(せいみやひとし)(1888‐1969)が発起して結成,その年10月に銀座京橋の読売新聞社3階で第1回展覧会をひらいた。結成当初は〈ヒュウザン会〉と称し,のちフュウザン会に改められた。…

【明治・大正時代美術】より

…これらは黒田流文展系アカデミズムの平面的な描写=外光主義にあきて,新しい方向を求めていた青年画家たちに強い影響を与えるようになった。このころ斎藤与里(より)(1885‐1959),柳敬助(1881‐1923),津田青楓(1880‐1978),藤島武二,有島生馬,南薫造(くんぞう)(1883‐1950),山下新太郎(1881‐1966),石井柏亭(鶴三の実兄),斎藤豊作(とよさく)(1880‐1951),高村光太郎らが,フランス印象派の手法をたずさえて次々に帰国している。そして1910年高村光太郎が《スバル》に発表した論文《緑色の太陽》は,自然を見る人間の内面的な活動,人格(自我)の表現を主張し,わが国における印象派宣言として青年画家たちを狂喜させた。…

※「斎藤与里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斎藤与里の関連キーワード柚木久太新井完今井憲一大森商二小山周次佐川敏子高村真夫福田たね間部時雄渡部審也

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤与里の関連情報