コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤彦麿 さいとう ひこまろ

美術人名辞典の解説

斎藤彦麿

国学者・石見浜田藩士。斎藤氏の祖。通称小太郎・庄九郎・彦六郎、字は可怜、名は智明、号は宮川舎・葦仮庵・落陽花山人。三河矢作生。歌を賀茂季鷹に、有職故実伊勢貞丈に、古学本居宣長に学ぶ。また山東京伝について文筆も磨いた。著書に『神道問答』『改正神代記』がある。嘉永7年(1854)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐ひこまろ【斎藤彦麿】

[1768~1854]江戸後期国学者三河の人。石見(いわみ)の松平氏に仕え、江戸に住み、賀茂季鷹・伊勢貞丈本居宣長に学んだ。著「勢語図説抄」、歌集「蓬蕽集(ほうどうしゅう)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤彦麿 さいとう-ひこまろ

1768-1854 江戸時代後期の国学者。
明和5年1月5日生まれ。石見(いわみ)(島根県)浜田藩につかえ,江戸にすんだ。賀茂季鷹(すえたか),伊勢貞丈(さだたけ)にまなび,のち本居大平(もとおり-おおひら)の門にはいる。山東京伝らとも親交があった。嘉永(かえい)7年3月12日死去。87歳。三河(愛知県)出身。本姓は荻野。初名は智明。字(あざな)は可怜(かれい)。通称は彦六郎。号は宮川舎,葦仮庵。著作に「神道問答」「枕草紙図抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤彦麿

没年:安政1.3.12(1854.4.9)
生年:明和5.1.5(1768.2.22)
江戸後期の国学者。石見(島根県)浜田藩士。三河国(愛知県)矢作の生まれ。本姓荻野氏。初名智明。通称彦六郎,字可怜,号宮川舎,葦仮庵。寛政8(1796)年(7年説もあり)斎藤家を相続して,石見浜田藩松平康任に仕えて江戸に住む。伊勢貞丈,賀茂季鷹に学び,また宣長門人を自称していたが,実際は本居大平門人であった。山東京伝らの戯作者とも交わりがあったと伝えられる。門人は500人を超えた。著書は神道,古典注釈,国語学から随筆まで数多く,雑学者という印象が強い。家集に『葦仮庵集』。著作に『神道問答』『酔中五論』など。<参考文献>大橋紀子「葦仮庵斎藤彦麿」(『学苑』7巻11号)

(飯倉洋一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうひこまろ【斎藤彦麿】

1768‐1854(明和5‐安政1)
江戸後期の国学者。はじめ荻野小太郎智明と称した。のち通称彦六郎,字は可怜(うまし)。葦仮庵(あしのかりほ),宮川舎と号す。生国は三河であるが,石見浜田藩士として江戸に住した。伊勢貞丈,賀茂季鷹について有職故実や歌を学んだのち,本居宣長に入門,のち一家を成す。宣長の学問を信奉して,《玉のゆくへ》や《竹箒(たかははき)》を著し,村田春海を攻撃するなどした。山東京伝一派の人々とも交際があった。著書はほかに《神道問答》《勢語図説抄》《諸国名義考》《傍廂(かたびさし)》《神代余波(かみよのなごり)》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいとうひこまろ【斎藤彦麿】

1768~1854) 江戸後期の国学者。石見国浜田の松平氏に仕え、江戸に住む。伊勢貞丈・本居大平らに学ぶ。家集「蓬蕽集」、著「勢語図説抄」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤彦麿
さいとうひこまろ

[生]明和5(1768)
[没]安政1(1854)
江戸時代後期の国学者。名は智明,号は葦仮庵 (あしのかりほ) 。伊勢貞丈,本居宣長に学ぶ。神道にも造詣が深い。著書『神道問答』『改正神代記』『傍廂』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

斎藤彦麿 (さいとうひこまろ)

生年月日:1768年1月5日
江戸時代中期;後期の国学者;石見浜田藩士
1854年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

斎藤彦麿の関連キーワード門田稲葉加藤一周生年月日ウナギ蒲焼き

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android