コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤彦麿 さいとう ひこまろ

7件 の用語解説(斎藤彦麿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

斎藤彦麿

国学者・石見浜田藩士。斎藤氏の祖。通称小太郎・庄九郎・彦六郎、字は可怜、名は智明、号は宮川舎・葦仮庵・落陽花山人。三河矢作生。歌を賀茂季鷹に、有職故実伊勢貞丈に、古学を本居宣長に学ぶ。また山東京伝について文筆も磨いた。著書に『神道問答』『改正神代記』がある。嘉永7年(1854)歿、87才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐ひこまろ【斎藤彦麿】

[1768~1854]江戸後期の国学者。三河の人。石見(いわみ)の松平氏に仕え、江戸に住み、賀茂季鷹・伊勢貞丈本居宣長に学んだ。著「勢語図説抄」、歌集「蓬蕽集(ほうどうしゅう)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤彦麿 さいとう-ひこまろ

1768-1854 江戸時代後期の国学者。
明和5年1月5日生まれ。石見(いわみ)(島根県)浜田藩につかえ,江戸にすんだ。賀茂季鷹(すえたか),伊勢貞丈(さだたけ)にまなび,のち本居大平(もとおり-おおひら)の門にはいる。山東京伝らとも親交があった。嘉永(かえい)7年3月12日死去。87歳。三河(愛知県)出身。本姓は荻野。初名は智明。字(あざな)は可怜(かれい)。通称は彦六郎。号は宮川舎,葦仮庵。著作に「神道問答」「枕草紙図抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤彦麿

没年:安政1.3.12(1854.4.9)
生年:明和5.1.5(1768.2.22)
江戸後期の国学者。石見(島根県)浜田藩士。三河国(愛知県)矢作の生まれ。本姓荻野氏。初名智明。通称彦六郎,字可怜,号宮川舎,葦仮庵。寛政8(1796)年(7年説もあり)斎藤家を相続して,石見浜田藩松平康任に仕えて江戸に住む。伊勢貞丈,賀茂季鷹に学び,また宣長門人を自称していたが,実際は本居大平門人であった。山東京伝らの戯作者とも交わりがあったと伝えられる。門人は500人を超えた。著書は神道,古典注釈,国語学から随筆まで数多く,雑学者という印象が強い。家集に『葦仮庵集』。著作に『神道問答』『酔中五論』など。<参考文献>大橋紀子「葦仮庵斎藤彦麿」(『学苑』7巻11号)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうひこまろ【斎藤彦麿】

1768‐1854(明和5‐安政1)
江戸後期の国学者。はじめ荻野小太郎智明と称した。のち通称彦六郎,字は可怜(うまし)。葦仮庵(あしのかりほ),宮川舎と号す。生国は三河であるが,石見浜田藩士として江戸に住した。伊勢貞丈,賀茂季鷹について有職故実や歌を学んだのち,本居宣長に入門,のち一家を成す。宣長の学問を信奉して,《玉のゆくへ》や《竹箒(たかははき)》を著し,村田春海を攻撃するなどした。山東京伝一派の人々とも交際があった。著書はほかに《神道問答》《勢語図説抄》《諸国名義考》《傍廂(かたびさし)》《神代余波(かみよのなごり)》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいとうひこまろ【斎藤彦麿】

1768~1854) 江戸後期の国学者。石見国浜田の松平氏に仕え、江戸に住む。伊勢貞丈・本居大平らに学ぶ。家集「蓬蕽集」、著「勢語図説抄」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤彦麿
さいとうひこまろ

[生]明和5(1768)
[没]安政1(1854)
江戸時代後期の国学者。名は智明,号は葦仮庵 (あしのかりほ) 。伊勢貞丈,本居宣長に学ぶ。神道にも造詣が深い。著書『神道問答』『改正神代記』『傍廂』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤彦麿の関連キーワード岡部東平桜井信景島根県浜田市久代町島根県浜田市黒川町島根県浜田市国分町島根県浜田市殿町島根県浜田市野原町天津孟雄金子杜駿西村菊渓

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone