料所(読み)リョウショ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐しょ〔レウ‐〕【料所】

領地。特定の所用の料にあてるための領地。
「不断如法経の―にぞ擬せられける」〈太平記・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうしょ【料所】

特定の所用の料にあてる領地。 「不断に如法経の-にぞ擬せられける/太平記 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐しょ レウ‥【料所】

〘名〙 (料物を徴収する所領の意) 領地。特定の所用の料にあてるための所領。また、特に中世以後、皇室・幕府・有力大名の領地を御料所(ごりょうしょ)という。
※高野山文書‐延慶二年(1309)四月一一日・伏見院々宣「備後国、被附高野大塔修理料所、可知行之由、可御下知之旨、院御気色所候也」
※源平盛衰記(14C前)四六「当国に針庄とて、西金堂の御油の料(レウ)所あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の料所の言及

【公方御料所】より

…当時の史料上に見える言葉で,今日的意味で厳密に使われているわけではない。〈料所幷預地〉と表現している例があり,この場合は直臣に預け置いた所領を料所と区別すべきものと考えていると見られる。また,酒屋,土倉よりの貢納銭である納銭方とか,白布棚,大刀屋座の公事銭なども料所と呼んでいるから,料所=直轄地と言い換えると誤解を生むことになろう。…

※「料所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

料所の関連情報