新上五島町(読み)しんかみごとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新上五島〔町〕
しんかみごとう

長崎県五島列島北部の中通島と若松島からなる町。 2004年8月若松上五島新魚目有川奈良尾の5町が合併し成立。水田は有川地区以外はほとんどなく,漁主農従の町で,揚繰 (あぐり) 網漁業,以西底引網漁業の基地がある。町内各地に教会をもつキリシタン集落が多い。佐世保,博多,長崎から定期航路があり,上五島空港は長崎,福江空港と結ばれている。南部の若松瀬戸沿岸は美しいリアス海岸で西海国立公園に属する。国道 384号線が通じる。面積 213.94km2。人口 1万9718(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新上五島町の関連情報