コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中通島 なかどおりじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中通島
なかどおりじま

長崎県五島列島北部の島。列島のうち福江島に次ぐ大島で,四つの半島部が十字の形をなす。新上五島町有川新魚目上五島奈良尾の4地区と若松地区の一部が含まれる。水田は有川地区の一部以外にはほとんどなく,漁主農従の島。島内各地に教会をもつキリシタン集落が多い。有川,榎津 (新魚目地区) は一本釣り,上五島地区の奈摩湾および有川湾は以西底引網漁,奈良尾は揚繰 (あぐり) 網漁の基地。鯛之浦 (有川地区) と有川湾はブリ,真珠の養殖場。農業はサツマイモが中心であるが,1965年以降,北部にミカン造園が始まった。有川は佐世保から,青方は博多から,奈良尾は長崎からそれぞれ定期航路がある。島の北東端の頭ヶ島に上五島空港があり,長崎空港,福江空港と結ばれている。有川と奈良尾を結んで国道 384号線が走る。面積 168.20km2。人口2万 4992 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中通島【なかどおりじま】

長崎県五島列島北部の島。面積168.31km2。山がちで,最高点443m。海岸は湾入の多い沈降海岸で,南西部の若松瀬戸は特に湾入が激しく,西海国立公園中の景勝地。
→関連項目有川[町]上五島[町]新魚目[町]奈良尾[町]若松[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかどおりじま【中通島】

長崎県西部,五島列島の中ほどに位置する島。面積は168km2。南松浦郡に属し,新魚目(しんうおのめ),有川,上五島,奈良尾の4町と,若松町の一部に分かれる。有川,浜ノ浦,魚目,奈良尾の四つの半島が十字形に伸びる島で,北は津和崎瀬戸を隔てて野崎島に,南西は若松瀬戸をはさんで若松島に面する。リアス海岸が発達し,山王山(439m)から望む若松瀬戸の溺れ谷の景観は西海国立公園のなかでも特にすばらしい。多くの入江には漁港があり,有川湾ではブリの定置網漁業が行われ,奈良尾港は揚繰(あぐり)網漁の基地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕中通島(なかどおりじま)


長崎県西部、五島(ごとう)列島北東部の島。面積167.9km2。南松浦(みなみまつうら)郡新上(しんかみ)五島町に属す。南北に細長い十字形の島で、リアス式の海岸線が複雑に出入りする。最高峰の山王(さんのう)山(標高439m)からの眺望がよい。西海(さいかい)国立公園に属する。良港が多く、沿岸漁業が盛ん。奈良尾港は巻き網漁業の基地。ウシ・ブタの飼育が行われる。西岸沖の折(おれ)島と柏(かしわ)島の間に洋上石油備蓄基地が建設されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中通島
なかどおりじま

長崎県五島(ごとう)列島の北部にある島。南松浦(みなみまつうら)郡新上五島(しんかみごとう)町に属する。古名は大近(おおちか)、中世には浦部島(うらべじま)ともよばれた。面積168.34平方キロメートル(2005)。四つの半島からなる十字形の島で、1981年(昭和56)島の北東端、架橋された頭(かしら)ヶ島に上五島空港が新設されたが、2006年(平成18)に閉鎖された。島内の奈良尾(ならお)港から長崎港にジェットフォイルとフェリーが、鯛ノ浦港と長崎港、有川港と佐世保(させぼ)港、青方(あおかた)港と博多港との間にフェリーが就航している。北東部の有川湾ではブリの定置網漁業が盛んで有川、榎津(えのきづ)両港があり、北西部の青方港は古来良港をなし、避難港で、海上石油国家備蓄基地がある。南東部の奈良尾港は揚繰(あぐり)網漁業の基地で、東シナ海、山陰沖、三陸沖に出漁する。西部は若松瀬戸に臨む景勝地で、山王(さんのう)山(439メートル)からの展望はすばらしく、西海(さいかい)国立公園の中心地。島内各地には教会をもつカトリック集落が多く、青砂(あおさ)ヶ浦天主堂や頭ヶ島天主堂(ともに国の重要文化財に指定される)などもある。奈良尾神社の樹齢600年のアコウは国の天然記念物。人口2万1568(2009)。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中通島の言及

【五島列島】より

…明治になると,宇久,小値賀の両島が北松浦郡に編入されたので,中通,若松,奈留,久賀(ひさか),福江の各島で五島と称するに至った。しかし自然地理的には宇久・小値賀両島を含めて五島列島と考えてよく,また県南部の中心地長崎市の勢力圏が中通島の奈良尾町以南に広がり,県北の佐世保市の勢力圏が中通島の有川町以北,宇久・小値賀両町におよぶことから,前者の地域を下五島,後者の地域を上五島とし,合わせて五島列島とするのが妥当であろう。 平地に乏しい五島列島の産業は漁業が中心である。…

※「中通島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中通島の関連キーワード長崎県南松浦郡新上五島町フェリーなみじ長崎県南松浦郡若松(長崎県)新上五島[町]新上五島(町)上五島[町]若松[町]有川[町]青方文書カヅラ島青方氏相ノ島値嘉島祝言島湾入良港平島串島荒島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中通島の関連情報