コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上五島 かみごとう

2件 の用語解説(上五島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上五島
かみごとう

長崎県五島列島北部の中通島西岸地域。旧町名。 1956年青方町と浜ノ浦村が合体して発足。 2004年8月上五島新魚目若松有川奈良尾の5町が合併し新上五島町となった。中心集落の青方はカトリック信徒の開いたところで,折島,祝言島を天然の防波堤とする良港をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上五島
かみごとう

長崎県西部、南松浦(みなみまつうら)郡にあった旧町名(上五島町(ちょう))。現在は新上五島町のほぼ中央部を占める。旧上五島町は1956年(昭和31)青方(あおかた)町と浜ノ浦(はまのうら)村が合併して成立、2004年(平成16)若松(わかまつ)、新魚目(しんうおのめ)、有川(ありかわ)、奈良尾(ならお)の4町と合併、新上五島町となる。旧町域は、五島列島の中通(なかどおり)島中西岸と属島からなり、国道384号が通じる。中心地区は青方で、博多(はかた)と福江(ふくえ)への航路があり、以西(いせい)底引船の避難港でもある。古代は遣唐使船の寄航地で、合蚕(あいこ)(相河(あいこ))田浦とよばれた。中世には藤原家高が青方氏を興した由緒ある町。青砂(あおさ)ヶ浦、大曽(おおそ)、跡次(あとつぎ)、冷水(ひやみず)、折(おり)島などカトリック集落が多く、各地に教会がある。とくに、奈摩(なま)湾を見下ろす丘にたつ青砂ヶ浦教会(天主堂)は、1910年(明治43年)献堂の貴重な建築で知られ、国の重要文化財に指定されている。なお、折島は全戸移住して現在は無人島。青方湾の折島、柏(かしわ)島付近に5基440万キロリットル(当初7基600万キロリットルの計画)にのぼる石油の洋上備蓄基地がある。北部の奈摩には、青方氏以前の地頭職(じとうしき)の屋敷跡と称せられる陣屋畑があり、現在港には以西底引船を寄せる。浜ノ浦地区の飯(い)ノ瀬戸ではハマチ養殖が行われている。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上五島の言及

【五島列島】より

…明治になると,宇久,小値賀の両島が北松浦郡に編入されたので,中通,若松,奈留,久賀(ひさか),福江の各島で五島と称するに至った。しかし自然地理的には宇久・小値賀両島を含めて五島列島と考えてよく,また県南部の中心地長崎市の勢力圏が中通島の奈良尾町以南に広がり,県北の佐世保市の勢力圏が中通島の有川町以北,宇久・小値賀両町におよぶことから,前者の地域を下五島,後者の地域を上五島とし,合わせて五島列島とするのが妥当であろう。 平地に乏しい五島列島の産業は漁業が中心である。…

※「上五島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上五島の関連キーワード五島太古上五島空港五島芋五島麦フェリーなみじ上五島[町]上五島〈町〉長崎県北松浦郡長崎県南松浦郡

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上五島の関連情報