コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良尾 ならお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良尾
ならお

長崎県西部,新上五島町南東部の旧町域。五島列島中通島の南部にある。 1943年町制。 2004年上五島町,新魚目町,若松町,有川町の4町と合体して新上五島町となった。漁業が主で,1955年頃まではイワシ漁で栄え,いりこ加工が盛んであった。以降大型巻網漁業の基地となり,長崎市,平戸市とともに,長崎県下の三大基地をなしている。北部の岩瀬浦はかつてのイワシ景気の中心地。遠見番岳 (308m) は正保4 (1647) 年に外国船見張りの遠見番所が設置されたところ。奈良尾神社には国指定天然記念物のアコウの大樹がある。中心集落の奈良尾には長崎-福江間のフェリーが寄港する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良尾
ならお

長崎県南松浦(みなみまつうら)郡にあった旧町名(奈良尾町(ちょう))。現在は新上五島町(しんかみごとうちょう)の南東部を占める。旧奈良尾町は1943年(昭和18)町制施行、2004年(平成16)若松(わかまつ)、上五島、新魚目(しんうおのめ)、有川(ありかわ)の4町と合併、新上五島町となる。旧奈良尾町域は、五島列島の中通(なかどおり)島の南東部に位置し、国道384号が通じる。奈良尾港へは、長崎港と福江(ふくえ)港(福江島)からジェットフォイルとフェリーが就航する。西日本随一の大型巻網漁業の基地で、奈良尾船団を構成しているのは8企業13統(1996)で、約800人の漁船員が雇用されている。このうち約73%が奈良尾以外の居住者で占められる。原因は、奈良尾の人口が都市志向の傾向を示すため、地元企業への就業希望が少なく、過疎化の傾向にあるためである。奈良尾船団の労働力は上五島一円のカトリック集落の子弟によって支えられているといわれ、浜串(はまくし)の岬にはマリア像がそびえ立ち、船団の出漁を見守っている。巻網漁業のほかにブリの定置網漁業(漁協経営)が行われている。背後の遠見番(とおみばん)岳は江戸時代に外国船見張番の置かれた所。奈良尾神社の樹齢600年のアコウは国指定天然記念物。佐尾鼻(さおばな)付近にオニヘゴの自生地がある。1924年(大正13)に献堂された赤レンガ造の福見(ふくみ)教会などがある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

奈良尾の関連キーワード長崎県南松浦郡新上五島町九州電力(株)若松(長崎県)五ツ島 奈良男新上五島(町)新上五島[町]奈良尾〈町〉奈良尾[町]西海国立公園生月

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良尾の関連情報