コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新魚目 しんうおのめ

2件 の用語解説(新魚目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新魚目
しんうおのめ

長崎県五島列島中通島北部の地域。旧町名。 1956年魚目村と北魚目村が合体して町制。 2004年8月新魚目上五島若松有川奈良尾の5町が合併し新上五島町となった。地域はおもに幅1~3km,長さ 13kmに及ぶ丘陵性の半島部を占め,中心集落の榎津 (えのきづ) は南東部の有川湾に面している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新魚目
しんうおのめ

長崎県西部、南松浦(みなみまつうら)郡にあった旧町名(新魚目町(ちょう))。現在は新上五島町(しんかみごとうちょう)の北端部を占める。旧新魚目町は1956年(昭和31)魚目、北魚目の2村が合併して町制施行、2004年(平成16)若松(わかまつ)、上五島、有川(ありかわ)、奈良尾(ならお)の4町と合併、新上五島町となる。旧新魚目町域は、五島列島の中通(なかどおり)島北部に突出する長さ約15キロメートル、幅1~3キロメートルの細長い半島部で、国道384号が通る。集落は有川湾に臨む東岸に多く、江戸時代も「浜方(はまかた)百姓」とよばれた漁家が主であった。町の中心榎津(えのきづ)は定置網漁業の漁港として古くから栄え、ブリの水揚げが多い。農業は振るわず、急傾斜の段々畑でのサツマイモ作を主とする。半島北端には津和崎(つわざき)灯台がある。南西岸の曽根(そね)にある赤岳(143メートル)は玄武岩台地上に噴出した小さな臼状(きゅうじょう)火山で、火山体の南斜面は海食によって、赤褐色の「赤(あか)ダキ」とよばれる断崖(だんがい)(高さ約60メートル)をなしている。キリシタンの伝統をひくカトリック集落が多く、米山(こめやま)、仲知(ちゅうち)、江袋(えぶくろ)、大浦などには天主堂がそびえている。[石井泰義]
『西村次彦著『五島魚目郷土史』(1967・西村朝江)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新魚目の関連キーワード五島太古上五島空港五島芋福江港フェリーなみじ宇久[町]長崎県北松浦郡新魚目〈町〉長崎県南松浦郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新魚目の関連情報