コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田検地条目 しんでんけんちじょうもく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田検地条目
しんでんけんちじょうもく

江戸幕府の新田検地,開発に関する法令。 32条。享保 11 (1726) 年制定。慶安2 (1649) 年の検地条令に次ぐもので,以後,新田検地の規準とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんでんけんちじょうもく【新田検地条目】

江戸幕府が1726年(享保11)8月に発布した法令。32ヵ条。幕府は享保改革において年貢収奪の強化を意図した新田開発を積極的に推進する政策をとり,1722年江戸日本橋に新田開発を奨励する高札をかかげ,新田開発の資本を広く民間に求めた。ついで発布されたのが新田検地条目である。新田検地条目は第1条から第4条までは検地をうける村方での準備に関する規定であり,第5条からは検地の施行にあたっての地主,作人,反別,等級などの決定方法およびそれらにともなう雑則からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の新田検地条目の言及

【検地条目】より

…ついで86年(貞享3)の29ヵ条,94年(元禄7)の27ヵ条があり,後者に基づいて関東幕領の総検地が行われた。江戸時代前期には新田開発が盛んに行われ,新田の本田への組替えが検地によってなされていたが,1722‐23年(享保7‐8)ごろに幕府の新田政策が大きくかわり,それに対応した新田検地条目が26年に出された。全32ヵ条からなり,江戸幕府検地条目の集大成ともいうべきもので,従来のどの検地条目よりも詳細な規定となっている。…

※「新田検地条目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新田検地条目の関連キーワード井沢弥惣兵衛古検新検

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android