コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田検地 しんでんけんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田検地
しんでんけんち

江戸時代,従来の本田 (ほんでん) に加えて新たに開発された新田の成立を法的に確認するため行われた検地。検地の結果,新田集落が独立することもあり,また1村内の高請新田となる場合や,検地後もしばらく高外 (たかがい) として高に組まれない見取場,反高場とされる場合もあった。新田開発は,戦国時代末期~江戸時代前期にしばしば奨励されたが,検地の法令制規が整えられたのは享保 11 (1726) 年に幕府が徳川吉宗のもとで井沢弥惣兵衛ら地方功者 (じかたこうしゃ) に新田検地条目を発布させたときであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんでん‐けんち【新田検地】

江戸時代、新規に開発された田畑石高を把握するために実施した検地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんでんけんち【新田検地】

幕藩領主が領内全村の田畑・屋敷地と農民を対象にする一円検地あるいは総検地に対して,総検地の施行以降に領内あるいは特定村落の新規開発地と農民を対象にする検地をいう。田畑・屋敷地の開発がおこなわれるたびごとに新田検地が実施された。江戸幕府は享保改革の新田政策において1726年(享保11)新田検地条目を発布し,幕領の享保期以降の新規開発地への新田検地は,この新田検地条目に基づいて実施された。【佐藤 常雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんでんけんち【新田検地】

江戸時代、新たに開発した耕地について一定年を経たのち、年貢高を定めるための検地。
1726年以後にできた耕地に年貢高を定めるときの検地。同年の新田検地条目により定められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田検地
しんでんけんち

開発された新田を高請(たかうけ)(村高に編入)するための検地。江戸時代には山野、沼沢、海浜などの大規模な開発や、本村の周辺地、本田畑(ほんでんぱた)の付随地などの切添(きりぞえ)開発により、多くの新田が出現したが、それらの新田は初め高請されていないから、領主は高請して課税するため検地した。これが新田検地である。1726年(享保11)の新田検地条目制定以降の新田の検地に限り、新田検地という場合もある。新田検地には廻(まわり)検地(田畑の周囲を絵図に書いて反別を算出する)の方法が多く用いられた。高請しても新田は開発に多くの経費を要し、収穫が本田より少なかったから、開発後3年間は免税とし、等級も低く押さえて軽い年貢を課すのが常であった。これを鍬下年季(くわしたねんき)とよぶ。[宮川 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新田検地の関連キーワード奥寺八左衛門安松金右衛門古検・新検筧正鋪耕地古検新検

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android