コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新皿屋舗月雨暈 シンサラヤシキツキノアマガサ

2件 の用語解説(新皿屋舗月雨暈の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんさらやしきつきのあまがさ【新皿屋舗月雨暈】

歌舞伎狂言。世話物。3幕。河竹黙阿弥作。明治16年(1883)東京市村座初演。「播州皿屋敷」に材をとっているが、2幕目の魚屋(さかなや)宗五郎の酒乱の演技が見どころ。通称「魚屋宗五郎」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんさらやしきつきのあまがさ【新皿屋舗月雨暈】

歌舞伎狂言。世話物。3幕。河竹黙阿弥作。通称《魚屋宗五郎》《新皿屋敷》。1883年5月江戸市村座初演。配役は愛妾お蔦・魚屋宗五郎を5世尾上菊五郎,磯部主計之介・浦戸紋三郎を3世片岡我当,岩上典蔵を4世尾上松助,宗五郎女房お浜を3世河原崎国太郎,部屋方おなぎを4世岩井松之助ほか。人形浄瑠璃《播州皿屋敷》(1741初演)の換骨奪胎だが,単なる書替えにとどまらず新作とみなされる。芝片門前の魚屋宗五郎は妹お蔦を磯部主計之介の邸に妾奉公に上げている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新皿屋舗月雨暈の関連キーワード青砥稿花紅彩画盲長屋梅加賀鳶江戸狂言お静礼三生世話四千両小判梅葉島鵆月白浪船打込橋間白浪小春穏沖津白浪処女評判善悪鏡

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新皿屋舗月雨暈の関連情報