新皿屋舗月雨暈(読み)シンサラヤシキツキノアマガサ

世界大百科事典 第2版の解説

しんさらやしきつきのあまがさ【新皿屋舗月雨暈】

歌舞伎狂言。世話物。3幕。河竹黙阿弥作。通称《魚屋宗五郎》《新皿屋敷》。1883年5月江戸市村座初演。配役は愛妾お蔦・魚屋宗五郎を5世尾上菊五郎,磯部主計之・浦戸紋三郎を3世片岡我当,岩上典蔵を4世尾上松助,宗五郎女房お浜を3世河原崎国太郎,部屋方おなぎを4世岩井松之助ほか。人形浄瑠璃《播州皿屋敷》(1741初演)の換骨奪胎だが,単なる書替えにとどまらず新作とみなされる。芝片門前の魚屋宗五郎は妹お蔦を磯部主計之介の邸に妾奉公に上げている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんさらやしきつきのあまがさ【新皿屋舗月雨暈】

歌舞伎脚本。世話物。三幕。河竹黙阿彌作。明治一六年(一八八三)東京市村座初演。磯部主計之介(かずえのすけ)の愛妾お蔦が悪人一味の陰謀で殿に責め殺されたと聞き、兄の魚屋宗五郎が禁酒の誓いを破って磯部の屋敷へあばれこむ。後悔した主計之介は宗五郎にわび、悪人一味は滅びる。作者晩年の代表作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android