コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

換骨奪胎 カンコツダッタイ

2件 の用語解説(換骨奪胎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんこつ‐だったい〔クワンコツ‐〕【換骨奪胎】

[名](スル)《骨を取り換え、胎(こぶくろ)を取ってわが物として使う意》先人の詩や文章などの着想・形式などを借用し、新味を加えて独自の作品にすること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんこつだったい【換骨奪胎】

( 名 ) スル
〔「冷斎夜話」による。骨を取り換え、胎児を取って使う意〕
古人の詩文の発想・形式などを踏襲しながら、独自の作品を作り上げること。また、他人の作品の焼き直しの意にも用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

換骨奪胎の関連情報