コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納忠元 にいろただもと

4件 の用語解説(新納忠元の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新納忠元
にいろただもと

[生]大永6(1526)
[没]慶長15(1610).12.3. 薩摩
安土桃山時代の武将。島津氏の重臣。祐久の子。幼名,安万丸。通称,次郎四郎。号,為舟,拙斎。島津貴久,義久,義弘,家久に仕えた。天文 12 (1543) 年大口城主となった。天正 15 (87) 年豊臣秀吉の島津征伐には,敵将加藤清正らと対戦し屈しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納忠元 にいろ-ただもと

1526-1611* 戦国-江戸時代前期の武士。
大永(たいえい)6年生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)島津家の4代の当主につかえる。天正(てんしょう)12年島原の戦いで竜造寺隆信をたおすなど各地を転戦,鬼武蔵とよばれた。文禄(ぶんろく)・慶長の役で留守をあずかったときにつくった「二才咄格式定目(にせばなしかくしきじょうもく)」は,江戸時代の薩摩武士の生活規範となった。慶長15年12月3日死去。85歳。号は為舟,拙斎。
【格言など】諸事武辺を心懸け,心底忠孝之道に背かざる事,第一の二才と申者にて候(「二才咄格式定目」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新納忠元

没年:慶長15.12.3(1611.1.16)
生年:大永6(1526)
戦国・安土桃山時代の武将。祐久の子。幼名安万丸。次郎四郎。刑部大輔,武蔵守。入道して拙斎,為舟。島津氏一族新納氏の支流の出で島津氏に仕え,天文7(1538)年以来貴久,義久,義弘,家久の4代に仕える。永禄5(1562)年横川城(鹿児島県横川町)攻め,同11年馬越城(同菱刈町)攻めに戦功を上げ,「義久の四天王」「鬼武蔵」などの武名を称された。以後連年のように従軍し,天正13(1585)年から同15年にかけて筑紫地方や豊後(大分県)に転戦したが,豊臣秀吉の征討にあい大口城(同大口市)に拠って抵抗,義久の勧めでようやく下り剃髪した。降伏の態度は微塵の卑屈なく秀吉を感服させたといい,家中への遺訓『二才咄格式定目』は長く薩摩武士の規範とされた。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にいろただもと【新納忠元】

1526‐1610(大永6‐慶長15)
戦国時代の武将。南九州の戦国大名島津氏の一族新納氏の分家祐久の子。刑部大輔,拙斎為舟。薩摩大口地頭。島津忠良~家久歴代の重臣。北薩菱刈氏攻めの際負傷しながらの働き,曾木天堂尾(てんどうがお)での豊臣秀吉との堂々たる対面,あるいは13年間にわたる在京人質など戦国島津氏の家臣中最大の軍功をあげ,同家臣団を代表する武人と称えられた。和歌や連歌への造詣が深い。【三木 靖】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新納忠元の関連キーワード五辻富仲池田秀雄文閑細川玄旨山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代横目付伊勢・安土桃山文化村内ケ島氏理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone