コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗地 きち qi-di; ch`i-ti

7件 の用語解説(旗地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旗地
きち
qi-di; ch`i-ti

中国,清朝の旗人が所有する土地の総称。広義では皇室,内務府官荘などの官有地をも含み,狭義では旗人が耕作者,地主である土地をいう。歴史的には太祖ヌルハチ (奴児哈赤) の時代から遼東半島に進出して設置した「盛京旗地」と順治1 (1644) 年中国本土に進出して北京を中心とする順天府一帯に設置した「畿輔旗地」とに大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐ち【旗地】

中国の時代、朝廷から旗人に与えられていた世襲の土地。

はた‐ち【旗地】

旗形2」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

旗地【きち】

中国,清朝が旗人(八旗)に支給した土地。太祖ヌルハチに始まる。当初は遼東,瀋陽地区を中心に支給したが,中国本土進出後は北京周辺を中心に支給。前者を盛京旗地,後者を畿輔(きほ)旗地という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きち【旗地 Qí dì】

中国,清代の土地制度の一つ。清朝固有の軍事組織としての八旗の構成員である旗人の生活を支えるため,彼らに支給した土地をいい,現在の遼寧省瀋陽市周辺の盛京旗地と北京市周辺の畿輔(きほ)旗地とに大別される。旗地の起源は太祖ヌルハチの興起の時期までさかのぼるが,盛んに設置されるようになったのは,太祖の遼東侵入以後である。初期の盛京旗地では壮丁1名ごとに5~6响(しよう)(75~90畝)の土地を支給し,土地税を徴収するとともに,兵役・徭役の義務を負わせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きち【旗地】

中国、清代に旗人の生計維持のために支給した土地。ヌルハチに始まり、瀋陽・北京付近を中心に設置。清代後期には崩壊した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旗地
きち

中国、清(しん)朝の支配者層である旗人の生活を保障する目的で支給した土地の総称。大別すると、1644年以前、すなわち中国本土支配以前のものと、以後のものがある。前者は、太祖ヌルハチがサルフの戦いで遼東(りょうとう/リヤオトン)半島に進出すると、瀋陽(しんよう/シェンヤン)を中心に遼東半島一帯に設置され、旗人の所有する壮丁の数を単位に支給された。その耕作者は以前から遼東に住んでいた漢人で、一種の荘園(しょうえん)を構成していた。後者は、中国内地に設けられ、とくに旗人のほとんどが居住した北京(ペキン)を中心として設けられた畿輔(きほ)旗地が代表的である。畿輔旗地は、ここにあった明(みん)朝の貴族、大臣などの土地を強制徴収し、さらに一般の民人の耕作地を取り上げて旗人に支給し、支配者層の経済的安定を図ったものである。この土地の徴収強行のため、民人は進んで自分の土地を満州人に献上する「帯地投充」も行われ、この一帯の土地所有関係は中華民国に至るまで複雑をきわめている。駐防旗地は各地に駐屯した旗人に与えられた旗地で、中国全土に散在する。また、満州人の本拠地である遼東の開発を目的とした盛京旗地もある。旗地は本来、旗人の自給自足的経済の確立を目的としたが、旗人の人口増加、商品経済に対応しきれずに崩壊し、やがて旗人の没落を引き起こした。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の旗地の言及

【官田】より

… 明・清時代の官田としては,ほかに皇室の直轄地として,明代の皇荘,清代の内務府官荘があり,両代とも各軍営や辺境の要地には屯田がおかれ,府学,州学,県学など地方の国立学校にも学田が付設されていた。清代には満州族の扶養のための旗地が設けられた。しかしこれらには宋~明中葉の一般官田のように国家財政収入を支える国有地としての意味はほとんどなく,学田を除くと利用をみとめられた個人の私有地に近い性質をおびていた。…

【八旗】より

…ついで地方の要地に派遣され駐留するようになったが,これらは駐防八旗と呼ばれた。八旗の将兵は生活保証のため旗地という田地を与えられていたが,奢侈な消費生活を送り人口も増えたため困窮化した。そのうえ北京移住後は中国化し昔の素朴な気風を失って弱体化した。…

※「旗地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

旗地の関連キーワード助法土地柄土地訛りバナキュラー地割制度井田中国の土地制度《イギリス領インドの土地制度》ハイド(土地制度)律令制土地制度

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旗地の関連情報