コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼東半島 リョウトウハントウ

デジタル大辞泉の解説

りょうとう‐はんとう〔レウトウハンタウ〕【遼東半島】

中国、遼寧(りょうねい)省南東部、渤海(ぼっかい)黄海との間に突出する半島。中心都市は大連。1895年に下関条約で日本に割譲されたが、三国干渉で清国に還付。1905~1945年南端部が日本の租借地とされ、関東州とよばれた。リアオトン半島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

遼東半島【りょうとうはんとう】

中国,東北地区の南部,渤海海峡を隔てて山東半島に対し,渤海を擁する半島。長白山脈の一支脈たる千山山脈が南に延びて波状準原をなし,丘陵地(平均標高400m)が多い。南部の長大鉄路(長春〜大連)沿線は中国有数のリンゴの産地で,半島丘陵部は中国一の柞蚕(さくさん)の産地。沿海長山列島は中国東北地区最大の漁場で,タチウオ,グチ,クルマエビなどがとれ,水産養殖も盛ん。また,旅順西方の小竜島(蛇島)は薬用のマムシが多く生息し,自然保護区となっている。半島西海岸は中国の四大塩田地帯の一つ。半島先端部に位置する大連市は東北地区最大の対外貿易港で,港湾貨物取扱量は上海に次ぎ全国第2位。1895年下関条約で日本に割譲,三国干渉により同年清に還付。1898年ロシアは関東州租借日露戦争後1905年日本は租借権を継承。第2次大戦後はソ連軍が占領・管理。1950年中国に返還。1955年から開発整備が進行した。
→関連項目廟島群島竜口遼寧[省]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうとうはんとう【遼東半島 Liáo dōng bàn dǎo】

中国東北地区,遼寧省南部の半島。山東半島と相対し,渤海と東シナ海(東海)を隔てる。北限遼河鴨緑江の河口を結んだ線とされる。千山山脈が半島を貫き,長期にわたる侵食で低い丘陵となっている。トウモロコシ,稲などの穀類のほか,リンゴの産出とサクサン(柞蚕。カイコの一種)の飼育で知られ,また沿海には島が多く,漁業が盛ん。海岸では製塩も盛ん。半島先端に大連市があり,東北最大の貿易港で,また海軍基地もある。【河野 通博】 この半島は歴史的に近代日本と深いかかわりをもった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうとうはんとう【遼東半島】

中国、遼寧省の渤海ぼつかいと黄海の間に突き出た半島。南端に旅順がある。1905年(明治38)日露戦争の結果、この半島の南端部は日本の租借地になり、関東州とよばれた。45年(昭和20)中国に返還。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遼東半島
りょうとうはんとう / リヤオトンパンタオ

中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省南部の半島。遼河(りょうが)旧河口の遼河口と鴨緑(おうりょく)江河口部を結んだ線より南にあたり、黄海と渤海(ぼっかい)の間に突出している。千山山脈が半島の脊梁(せきりょう)をなすが、長期にわたる侵食により丘陵化している。海岸は曲折に富み、沿岸部には長山群島をはじめ多くの島々が浮かぶ。農産物としてはトウモロコシ、米、コウリャン、アワ、大豆、綿花などのほか、丘陵斜面を利用した広いリンゴ園があり、また東部では柞蚕糸(さくさんし)の生産が多い。沿岸は水産業が盛んで、長山群島は好漁場として知られる。海岸部では天日製塩も盛んである。金県以南は旅大(りょだい/リュイター)半島(日本占領時代は関東州)とよばれるが、とくに湾入に富み、大連(だいれん/ターリエン)と旅順(りょじゅん/リュイシュン)の2港がある。旅順は海軍基地で、かつてロシア、日本が支配していた時代も軍港であった。大連は中国の代表的な貿易港の一つで、重化学工業も発達し、外国との合併企業も多く立地し、大慶(たいけい)油田などの原油の積出し港でもある。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の遼東半島の言及

【関東州】より

…遼東半島(現,中国遼寧省旅大地区)にあった日本の租借地。関東州の地名は山海関の東を意味し,遼東半島の旧ロシア租借地に日本が名付けたもの。…

【三国干渉】より

…1895年4月23日,下関条約による日本の遼東半島割取要求に対し,ロシア,ドイツ,フランスが東洋艦隊の武力を背景に清国への還付を勧告した干渉事件。日清戦争の結果,日本が清国の心臓部に分割の刃をむけることがわかったとき,列強は日本とともに即時清国分割に着手するか否かの選択にせまられた。…

【下関条約】より

…1895年4月17日,日本側は伊藤博文,陸奥宗光,清国側は李鴻章,李経方を全権とし,下関の春帆楼の会談により調印され,5月8日発効した。この条約により,(1)清国は朝鮮が完全無欠な独立自主の国であることを確認する,(2)遼東半島,澎湖島,台湾を日本に割譲し,(3)軍費賠償金として庫平銀2億テール(邦貨約3億円)を支払う,(4)沙市・重慶・蘇州・杭州の開市と,開市・開港地における製造業従事権の承認,(5)日清修好条約をヨーロッパ諸国と同じ条件で結ぶこと,を定めた。条約は,第1に清国の朝鮮に対する宗主権を否定して日本が朝鮮に進出する道を開き,第2に琉球の帰属に最終的な結論を出し,第3に相互に領事裁判権をもつ日清修好条規の変則的平等関係を変革した。…

※「遼東半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遼東半島の関連キーワードリアオトンパンタオカタイシア植物群七博士建白事件リヤオトン半島環黄海経済圏二百三高地貔子窩遺跡朝日奈知泉四平山遺跡遼寧[省]羊頭窪遺跡遼東還付鳥居竜蔵関東神宮長山群島日清戦争爾霊山牧羊城毛文竜ぼっか

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android