コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗人 きじんqi-ren; ch`i-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旗人
きじん
qi-ren; ch`i-jên

中国,清朝八旗制に属した者をいう。満州人を中心にモンゴル人,漢人,朝鮮人,ロシア人,トルコ人なども含まれ,行政,刑法,軍制などすべての点で一般人と明確に区別されていた。彼らは清朝国家の基礎として経済的には生活の基盤である旗地を支給され,その土地は免税の特権を与えられるなど優遇されていたが,人自身の奢侈化,人口増加,さらに商業資本の盛行とともに次第に窮乏化して,旗地を手放し,また俸餉 (ほうしょう。給与) を得るための兵士,官員の職も人口のわりには少く,これに対する清朝当局の多くの救済政策も彼らの貧困化を阻止できなかった。このため 18世紀末の白蓮教の乱の頃には軍事力としても無力化していた。さらに漢文化の影響は著しく,満州人独自の風習,文化もこの頃から急速に薄れていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きじん【旗人】

中国、清代の軍事組織八旗に所属した者の総称。満州族を中心にモンゴル族・漢族などを含む。各種の特権を与えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旗人の関連キーワードエルデンボー(額勒登保)デレンタイ(徳楞泰)ソンゴトゥ(索額図)スクサハ(蘇克薩哈)エビルン(遏必隆)ビチクチ(必闍赤)ジョーホイ(兆恵)オルタイ(鄂爾泰)フカンガ(福康安)フルダン(傅爾丹)ロンコド(隆科多)バンディ(班第)オボイ(鼇拝)ダハイ(達海)ソニン(索尼)児女英雄伝モンゴル族議政王大臣納蘭性徳満州族

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旗人の関連情報