コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日之影[町] ひのかげ

世界大百科事典 第2版の解説

ひのかげ【日之影[町]】

宮崎県北部,西臼杵郡の町。人口5928(1995)。北部の大分県境に傾(かたむき)山(1602m)がそびえ,町域のほぼ中央を日之影川が南流し,南部で五ヶ瀬川に合流して,東へ抜ける。中心集落は合流点付近の七折(ななおり)で,国道218号線が五ヶ瀬川沿いを通る。古くは高千穂地方を本拠とする三田井氏の所領であったが,江戸時代は延岡藩に属した。町域のほとんどが山林で,木材,シイタケを主産物とするが,河岸の段丘上では米作やタバコ栽培,肉牛の飼育が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日之影[町]の関連キーワード祖母傾国定公園国定公園

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android