日之影町(読み)ひのかげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日之影〔町〕
ひのかげ

宮崎県北西部,五ヶ瀬川中流域にある町。1951年岩井川村と七折村が合体,日の影町として町制。1956年岩戸村の一部を編入して現町名に改称。江戸時代は延岡藩領。町域の大部分は山地で,木材,シイタケ,クリなどを産し,畜産も行なわれる。見立渓谷,国指定名勝の矢筈岳,クルメツツジが美しい天神山公園などがあり,また国指定天然記念物の七折鍾乳洞,北端の傾山祖母傾国定公園に指定されている。五葉岳の西斜面にある見立鉱山はスズ,銅を産したが 1963年閉山。中央部を五ヶ瀬川が西から東に流れ,川に沿って国道218号線が走っている。面積 277.67km2。人口 3946(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日之影町の関連情報