コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日出生台 ひじゅうだい

3件 の用語解説(日出生台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日出生台
ひじゅうだい

大分県中部,由布岳の西方,玖珠町の北東部にある高原。耶馬渓溶岩台地の南東部をなす標高 700~800mの草原状の高原で,面積は約 50km2。 1901年以降旧陸軍,第2次世界大戦後は在日アメリカ軍自衛隊の演習地で,実弾射撃演習のため裸地化されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひじゅうだい【日出生台】

大分県中部,玖珠(くす)郡西方にある標高600~800mの高原状の溶岩台地。福万山(1236m),平家山(1023m),人見岳(921m)などに囲まれた面積約50km2の草原で,江戸時代までは,東西交通の幹線が通り,台地上には今宿(いまじゆく),秋塚,平山,小野,中尾,中畑,車谷などの小集落が点在していたが,1908年陸軍の演習場として接収されてから,集落は演習場の周辺に移転させられた。現在の小野原(おのばる),長谷,堤,車谷などがそれである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日出生台
ひじゅうだい

大分県中央部、耶馬渓(やばけい)溶岩台地の南東部を占める台地。玖珠(くす)郡玖珠町と由布(ゆふ)市湯布院(ゆふいん)地区にまたがる。標高700~800メートル、東西8キロメートル、南北4キロメートル。あまり開析を受けていない広い草原は、1901年(明治34)以来陸軍、第二次世界大戦後は在日米軍、ついで陸上自衛隊の演習地として利用されてきている。演習地周縁に追われた農民は演習の合間に樹枝状低地の水田耕作に従い、周縁山地には県営林がある。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日出生台の関連キーワード大分県玖珠郡玖珠町太田大分県玖珠郡玖珠町小田大分県玖珠郡大分県玖珠郡玖珠町古後大分県玖珠郡玖珠町戸畑大分県玖珠郡玖珠町日出生大分県玖珠郡玖珠町帆足大分県玖珠郡玖珠町森大分県玖珠郡玖珠町山下大分県玖珠郡玖珠町山田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日出生台の関連情報