コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日奈久温泉 ひなぐおんせん

4件 の用語解説(日奈久温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日奈久温泉
ひなぐおんせん

熊本県南部,八代市八代海にのぞむ温泉。明暦2 (1656) 年細川氏が大浴舎を建て,藩営温泉として経営した。泉源が多く,泉質は単純泉,食塩泉。泉温は 45~50℃。旧暦8月1日前後は不知火見物の浴客でにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひなぐ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【日奈久温泉】

熊本県八代(やつしろ)市日奈久の温泉。八代海に臨む。泉質は単純温泉塩化物泉。もと熊本藩の藩営であった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕日奈久温泉(ひなぐおんせん)


熊本県八代(やつしろ)市、八代海(不知火(しらぬい)海)に臨む保養向きの温泉。室町時代初期の開湯で、江戸時代には肥後(ひご)藩の藩営温泉だった。八代海での釣り・海水浴などの拠点。夏、不知火といわれる漁火の異常屈折現象が起こるシーズンには見物客でにぎわう。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、ナトリウム-塩化物泉。泉温49.1℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日奈久温泉
ひなぐおんせん

熊本県中南部、八代(やつしろ)市にある温泉。泉質は単純温泉。発見は1409年(応永16)と古く、1657年(明暦3)熊本藩主の命によって大浴舎が建てられてより、肥後の五所の一つとして有名になった。現在16の泉源がある。肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道日奈久温泉駅から徒歩10分。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日奈久温泉の関連情報