コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武見太郎 たけみたろう

3件 の用語解説(武見太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武見太郎
たけみたろう

[生]1904.3.7. 京都
[没]1983.12.20. 東京
日本医師会会長。 1930年慶應義塾大学医学部を卒業,38年から東京銀座に診療所を開き,内科臨床医として知られた。第2次世界大戦後,50年日本医師会副会長,57年同会長となる。政府の国民皆保険政策に対し,開業医の立場を強力に主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武見太郎 たけみ-たろう

1904-1983 昭和時代の医師。
明治37年3月7日生まれ。理化学研究所の仁科芳雄(にしな-よしお)のもとで原子物理学の医学的応用の研究に従事。のち銀座に武見診療所を開設。昭和32年から57年まで日本医師会会長をつとめ,医療保健行政への医師会の発言力をつよめ,「けんか太郎」の異名をとった。昭和58年12月20日死去。79歳。京都出身。慶大卒。著作に「実録日本医師会」など。
【格言など】入院してみて,はじめて患者というのはかわいそうな存在だということがわかったよ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武見太郎
たけみたろう
(1904―1983)

医師。長期間にわたり日本医師会会長を務め、「喧嘩(けんか)太郎」とあだ名されるほどつねに攻撃的な態度で、厚生行政に医師会の意見を反映させた。明治37年3月7日、京都府に生まれる。1930年(昭和5)慶応義塾大学医学部卒業後、内科学教室に入ったが、意見があわず、理化学研究所の仁科芳雄(にしなよしお)のもとで、原子物理学の医学的応用、初期の心電計の開発に従った。1938年東京・銀座に診療所を開設し、その当初から待合室に「現役の大将、大臣と老人、急患優先」を掲げたという。第二次世界大戦後、新生医師会の発足に伴い、地区医師会、日本医師会代議員を経て、1950年(昭和25)田宮猛雄(たけお)(1889―1963)会長とともに副会長に選出され、1957年第6代会長となり、以降13期25年間その任にあった。健康保険診療における制限の撤廃、医療報酬の改定のために、ともに保険医総辞退戦術(1961、1971)をとるなどして、医療保健行政における医師会の主導性の確立に努めた。1975年アジアで初の世界医師会会長となり、東京総会を主宰した。昭和58年12月20日死去。[中川米造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武見太郎の関連キーワード庵政三大岸鹿大浜信賢小野末吉宗盛員中山たま中山寿彦三宅徳三郎横手英一吉見信義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武見太郎の関連情報