コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田正夫 ふくだ まさお

2件 の用語解説(福田正夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田正夫 ふくだ-まさお

1893-1952 大正-昭和時代の詩人。
明治26年3月26日生まれ。東京高師を中退し,川崎の小学校教員となる。大正5年「農民の言葉」を出版。7年「民衆」の創刊に参加し,民衆詩派の中心的存在となる。「愛国の花」などの歌謡曲や校歌の作詞もおこなう。昭和27年6月26日死去。59歳。神奈川県出身。旧姓は堀川。詩集はほかに「高原の処女」など。
【格言など】自分はあらゆる民衆の心に詩を求める。詩人の素質を求める(「詩人論」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福田正夫
ふくだまさお
(1893―1952)

詩人。神奈川県小田原(おだわら)市の生まれ。堀川家に生まれたが福田家の養子となり、神奈川師範学校を卒業後、東京高等師範学校体操科を中退し、川崎市の小学校に赴任。農村の生活を素朴、平明に歌った処女詩集『農民の言葉』(1916)を出版して詩壇に進出した。1918年(大正7)雑誌『民衆』を創刊、民衆詩派の中心詩人となった。詩集『世界の魂』『船出の歌』『高原の処女(しょじょ)』のほか、歌謡曲や校歌の作詞もあり、国民歌謡『愛国の花』は広く流布した。[古川清彦]
『『福田正夫全詩集』全一巻(1984・教育出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福田正夫の言及

【民衆詩派】より

…1917年(大正6)ころから約10年間,詩壇に一地歩を占めていた民主主義的詩人の一派で,民衆の生活や心を日常語で平易に表現した。16年ころから詩壇に庶民的傾向が現れ,18年1月に福田正夫を中心とした雑誌《民衆》が創刊されてその傾向をおし進めたが,18年3月ころから民衆派・民主派の名称がこの傾向の一派に与えられ,その後,これらと同義の民衆詩派という名称も流布するようになった。この派の詩人には,福田正夫,白鳥省吾(しろとりせいご),百田宗治(ももたそうじ),富田砕花,井上康文,花岡謙二らがおり,加藤一夫も協力した。…

※「福田正夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福田正夫の関連キーワード井上康文上田敏雄加藤一夫木村好子国木田虎雄沢ゆき高橋元吉滝口武士ドン ザッキー正富汪洋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福田正夫の関連情報