コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本逸史 ニホンイッシ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんいっし【日本逸史】

江戸時代,鴨祐之が,当時散逸していた《日本後紀》の復元を試みて編纂した書。40巻20冊(ほかに考異1冊)。1692年(元禄5)完成,1724年(享保9)刊。《類聚国史》をはじめ,各種の史料から文を集め,792年(延暦11)から833年(天長10)までの《日本後紀》の原文を復元している。引用書や編纂方法に問題があり,《日本後紀》の写本の一部が発見され,復元が進んだ今日では,その重要さは減じている。《新訂増補国史大系》所収

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本逸史
にほんいっし

平安時代初期を扱った歴史書。鴨祐之(かものすけゆき)が1692年(元禄5)に編集した。桓武(かんむ)天皇の792年(延暦11)から淳和(じゅんな)天皇の833年(天長10)までの編年体の通史である。漢文。40巻、考異一巻からなる。六国史(りっこくし)のうち『日本後紀』が早くから散逸して伝わらないので、これを補うため『日本紀略』その他の文献から当代の史料を拾い集めて完成した。本書の草稿本は京都の上賀茂(かみがも)神社にあり、一般には1724年(享保9)刊本が流布した。[福井 保]
『『新訂増補国史大系 巻八』(1965・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本逸史の関連キーワード江戸時代逸史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android