コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本逸史 ニホンイッシ

3件 の用語解説(日本逸史の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にほんいっし【日本逸史】

江戸中期の歴史書。40巻。鴨祐之編。元禄5年(1692)成立。散逸した「日本後紀」を復原する意図で、「類聚国史」「日本紀略」などから記事を抄出し、延暦11年(792)から天長10年(833)までを編年順に収録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にほんいっし【日本逸史】

江戸時代,鴨祐之が,当時散逸していた《日本後紀》の復元を試みて編纂した書。40巻20冊(ほかに考異1冊)。1692年(元禄5)完成,1724年(享保9)刊。《類聚国史》をはじめ,各種の史料から文を集め,792年(延暦11)から833年(天長10)までの《日本後紀》の原文を復元している。引用書や編纂方法に問題があり,《日本後紀》の写本の一部が発見され,復元が進んだ今日では,その重要さは減じている。《新訂増補国史大系》所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本逸史
にほんいっし

平安時代初期を扱った歴史書。鴨祐之(かものすけゆき)が1692年(元禄5)に編集した。桓武(かんむ)天皇の792年(延暦11)から淳和(じゅんな)天皇の833年(天長10)までの編年体の通史である。漢文。40巻、考異一巻からなる。六国史(りっこくし)のうち『日本後紀』が早くから散逸して伝わらないので、これを補うため『日本紀略』その他の文献から当代の史料を拾い集めて完成した。本書の草稿本は京都の上賀茂(かみがも)神社にあり、一般には1724年(享保9)刊本が流布した。[福井 保]
『『新訂増補国史大系 巻八』(1965・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本逸史の関連キーワード久松祐之梨木祐為鴨祐夏鴨祐之大堰川行幸和歌序三日残編逸書散逸鴨祐為

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone