コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日露通好条約 ニチロツウコウジョウヤク

2件 の用語解説(日露通好条約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にちろ‐つうこうじょうやく〔‐ツウカウデウヤク〕【日露通好条約】

日露和親条約

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日露通好条約
にちろつうこうじょうやく

1855年2月7日(安政(あんせい)元年12月21日)日米和親条約に続き、下田で日本側全権筒井政憲(まさのり)・川路聖謨(かわじとしあきら)とロシア特派大使プチャーチンが調印した日露間の和親条約。国境を択捉(えとろふ)島と得撫(うるっぷ)島の間とし、樺太(からふと)(サハリン)には国境を設けないとした。またロシア船のために箱館(はこだて)、下田、長崎を開き、船の修理と薪水(しんすい)・食料・石炭の供給をすること、および箱館、下田のうち一港に領事を置くことを定め、居留民は相互に本国の法で処分する双務的領事裁判権を認めた。1858年、安政五か国条約の一つとして日露間に修好通商条約が結ばれたが、この条約も他の諸国との条約と異なり、領事裁判権と最恵国条款が双務的であった。[藤村道生]
『田保橋潔著『増訂近代日本外国関係史』(1943・刀江書院/復刻版・1976・原書房・明治百年史叢書) ▽石井孝著『日本開国史』(1972・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日露通好条約の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧総合年表(北・東・東南アジア)姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日露通好条約の関連情報