コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日頂 ニッチョウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日頂 にっちょう

1252-1317 鎌倉時代の僧。
建長4年生まれ。日蓮門下六老僧のひとり。日蓮の佐渡配流,甲斐(かい)身延山隠棲(いんせい)にしたがい,また下総(しもうさ)弘法(ぐほう)寺(千葉県)を拠点に布教につとめた。のち養父の富木(とき)日常と不和になり,郷里の駿河(するが)(静岡県)に退隠した。文保(ぶんぽ)元年3月8日死去。66歳。通称は伊予阿闍梨(いよあじゃり)。号は伊予房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日頂

没年:文保1.3.8(1317.4.19)
生年:建長4(1252)
鎌倉後期の日蓮宗の僧。伊与阿闍梨という。日蓮の有力檀越(施主)富木常忍の養子。日蓮に帰依した常忍に従って日蓮の門に入る。文永8(1271)年の日蓮佐渡流罪の際には同行,給仕した。日蓮はその学識,能力を高く評価し,入滅に当たって六老僧のひとりに加えた。日蓮没後,下総(千葉県)の真間弘法寺へ赴き,教えを広めるかたわら鎌倉幕府に申し状を提出し,他宗との公の場での法論の実現と法華信仰への帰服を求めている。のち父常忍と対立,下総を離れて駿河(静岡県)の日興を訪ね,大石寺そばの重須本門寺の学頭となった。<参考文献>立正大学日蓮教学研究所編『日蓮教団全史』上

(佐藤弘夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日頂
にっちょう
(1252―1317)

鎌倉時代の日蓮(にちれん)宗の僧。日蓮が滅後を託した六老僧の1人。日蓮の有力な信徒富木常忍(ときじょうにん)の義子。日蓮滅後、真間山弘法寺(ままさんぐほうじ)に住し、下総(しもうさ)(千葉県北部)の信徒の教導と教線の拡張にあたった。1284年(弘安7)鎌倉での宗論のため日蓮三回忌に遅参して常忍に叱責(しっせき)されたといわれ、富木邸の傍らのイチョウから許しを請うたという「泣き銀杏(いちょう)」の伝説がある。常忍との間に間隙(かんげき)を生じた日頂は、1302年(乾元1)生国である駿河(するが)国重須(おもす)(静岡県富士宮市)に帰り、その地で没したと伝えられる。[渡邊宝陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日頂の関連キーワード弘法寺(千葉県)イチョウ鎌倉時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日頂の関連情報