コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早田文蔵 ハヤタブンゾウ

デジタル大辞泉の解説

はやた‐ぶんぞう〔‐ブンザウ〕【早田文蔵】

[1874~1934]植物分類学者。新潟の生まれ。東大教授。富士山植物分布や台湾・インドシナの植物を調査・研究し、独自の動的分類体系を提唱した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早田文蔵 はやた-ぶんぞう

1874-1934 明治-昭和時代前期の植物学者。
明治7年12月2日生まれ。台湾総督府嘱託をへて,大正11年東京帝大教授。台湾の植物を調査・研究し,明治44年から「台湾植物図譜」10巻を順次刊行。動的分類系という独自の植物分類法を提唱した。大正9年学士院桂公爵記念賞。昭和9年1月13日死去。61歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「植物分類学裸子植物篇」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はやたぶんぞう【早田文蔵】

1874~1934) 植物学者。新潟県生まれ。東大教授。南方植物の分類学的研究を行う。分類体系に関し、動的分類系という独自の見解を提唱。著「植物分類学」「台湾植物誌」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早田文蔵
はやたぶんぞう
(1874―1934)

植物分類学者。新潟県加茂町(現、加茂市)に生まれる。1903年(明治36)東京帝国大学植物学科を卒業、トウダイグサ科の分類、富士山の植物分布の研究などに携わる。1905年、台湾総督府の嘱託として台湾に渡り、植物を調査研究し、その成果を『台湾植物誌』(10巻)にまとめ(1911~1921)、1919年(大正8)帝国学士院賞を受賞した。1922年、東京帝国大学教授となる。その後、インドシナなど南方植物への関心を高め、またシダ類の中心柱を研究して新しい分類を試みたりしたが、そのなかで旧来の系統分類学に疑問を抱き、独自の「動的法式による自然分類」(1921)を提唱して論議を醸した。晩年は法華経に心酔したが精神的に満たされないまま、定年を待たず没した。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

早田文蔵の関連キーワード清水宏島津保次郎おもなお雇い外国人[各個指定]芸能部門伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone