コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地道 ジミチ

4件 の用語解説(地道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ‐みち〔ヂ‐〕【地道】

[名・形動]
手堅く着実に物事をすること。地味でまじめなこと。また、そのさま。「地道な努力をする」「地道に働く」
普通の速さで歩くこと。また、馬を普通の速さで進ませること。なみ足。→早道(はやみち)
「―に歩む馬に乗り」〈浮・栄花一代男〉
[派生]じみちさ[名]

ち‐どう〔‐ダウ〕【地道】

[名]
大地にもともと備わっている性質・法則。⇔天道
地下道。トンネル。
[形動ナリ]じみち(地道)」に同じ。
「人は―なるこそよけれ」〈浮・伝来記・八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じみち【地道】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
手堅く着実に物事を進めること。地味で、まじめなさま。 「 -に稼ぐ」 「 -な暮らし」 「 -な努力」
普通の速さで歩くこと。また、馬を並み足で進ませること。 ↔ 早道 「 -に歩む馬に乗り/浮世草子・栄花一代男 1」 〔類義の語に「堅実」があるが、「堅実」は言動や考え方などが手堅く危なげない意を表す。それに対して「地道」は手堅く地味ではあるが、着実に一歩一歩物事を進める意を表す〕
[派生] -さ ( 名 )

ちどう【地道】

( 名 )
大地に備わった道理。大地の法則。 ↔ 天道
地下道。トンネル。
( 形動ナリ )
手堅くまじめなさま。じみち。 「人は-なるこそよけれ/浮世草子・武道伝来記 8

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地道の言及

【城攻め】より

…城壁の高さは5~8mであったから,まず距闉(きよいん)と呼ぶ,城壁より高い土山を作り,城内を俯瞰(ふかん)し,攻撃の指揮をすると同時に,火矢や弩(ど)石をここから発射もする。一方,地道と呼ぶトンネルを掘って城内に通じさせたり,付近の河川をひいて水攻めにするのも常套手段である。攻城法がかなり進んだ宋代,《武経総要》にのせる地道は次のようにして掘られた。…

※「地道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地道の関連キーワード義理一遍堅実強引創始ぞんざい大大的着実冷徹御座なり自儘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地道の関連情報