コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昆布温泉 こんぶおんせん

3件 の用語解説(昆布温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昆布温泉
こんぶおんせん

北海道南西部,ニセコアンヌプリ火山群の南麓にある温泉郷。鯉川,紅葉谷,青山,薬師,黒沢,ニセコ,チセハウスの7湯から成り,ニセコ町,蘭越 (らんこし) 町にまたがる。ニセコアンベツ川の谷間にあり,登山,スキー客の宿泊地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんぶ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【昆布温泉】

北海道南西部、ニセコアンヌプリの南麓にある温泉。泉質は炭酸水素塩泉塩化物泉硫黄泉など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昆布温泉
こんぶおんせん

北海道南西部、後志(しりべし)総合振興局管内のニセコ町と蘭越(らんこし)町にまたがる温泉で、国民保養温泉地ニセコ温泉郷の一つ。ニセコアンヌプリの南麓(なんろく)、ニセコアンベツ川沿いの青山、鯉川(こいかわ)、紅葉谷(もみじだに)温泉の総称。泉質は、紅葉谷温泉が炭酸水素塩泉、青山温泉・鯉川温泉が塩化物泉。スキー、登山の根拠地で、設備も整っている。JR函館(はこだて)本線ニセコ駅からバスの便がある。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昆布温泉の関連キーワード岩内平野ニセコアンヌプリニセコ比羅夫温泉ニセコアンヌプリ国際スキー場ニセコアンヌプリユースホステルニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ昆布[温泉]北海道虻田郡ニセコ町北海道磯谷郡蘭越町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昆布温泉の関連情報