コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明笛 みんてき

5件 の用語解説(明笛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明笛
みんてき

明楽用の横笛。管長は約2尺2寸 (約 66cm) で,両端を牙などで飾る。指孔は6孔。清笛と同じく別に薄い竹紙を張った響孔があり,これによって微妙な音色を出すことが特色。音律は清笛より半音ずつ低く,合 (イ) ,四 (ロ) ,乙 (嬰ハ) ,上 (ニ) ,尺 (ホ) ,工 (嬰ヘ) ,凡 (嬰ト) で,「弾」「蓋」「窺」「放」「礼」などの指法がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みん‐てき【明笛】

明楽に用いる竹製の横笛。吹き口から先の頭部が長く、指孔は6個ある。清楽に使う清笛(しんてき)をも含めていうこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みんてき【明笛】

明清楽の横笛。明清楽は元来は明楽と清楽を併せた称だが,明楽は18世紀末に衰退したので,その後の明清楽は実は清楽である。明笛は原義では明楽の長短2種の横笛を指した。明笛に対して清笛の称もあったが,やがて混同され,日本では明治期に清楽つまり明清楽の笛を明笛と呼ぶのが一般化した。全長約67cmの竹製で,表面は樺巻(かばまき)せず,両端を象牙などで飾る。指孔は6孔。歌口と指孔の中間の響孔にはった竹紙が共鳴して,複雑な高次倍音を添え,音色を特徴づける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みんてき【明笛】

中国の管楽器。明楽に用いる横笛。形は清笛しんてきと同じ。 → 清笛

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明笛
みんてき

日本の明楽(みんがく)および明清(みんしん)楽で用いられた管楽器。中国の清代に伝来し、清笛(しんてき)ともよばれる。細長い竹管の両端を象牙(ぞうげ)か唐木で飾った全長約二尺二寸(67センチメートル)の横笛(よこぶえ)。竹管には、上部に歌口があり、次に響孔があけられ、その表面が薄い皮膜(竹の薄皮や紙など)で覆われる。これは皮膜の振動により音色上の効果を得るためである。さらに下部には六つの指孔(しこう)があり、下端には飾孔とよばれる孔(あな)が表と裏に二つずつあけられている。裏の孔には飾り紐(ひも)が取り付けられる。[藤田隆則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明笛の関連キーワード平井連山提琴明清楽携琴嗩吶清楽清笛明楽鏑木渓庵《忘憂清楽集》

明笛の関連情報