易田(読み)えきでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

易田
えきでん

平安時代,土地がやせているため1年もしくは何年か休耕して地味を養う必要のある田。令制では班田にあたって,田の場合は普通の田の2倍の面積を支給し,その2分の1の租を徴収する規定であった。しかしのちの『延喜式』では,不輸租田となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えきでん【易田】

中国古代の休閑耕作地で,易地,轅(えん)田,(えん)田などとも書かれる。《周礼(しゆらい)》大司徒に〈不易の地は家ごとに百畝,一易の地は二百畝,三易の地は三百畝〉とあるのをはじめ,《左氏伝》《国語》は晋が爰田(轅田)を作ったことを伝え,《漢書》地理志には秦の商鞅(しようおう)が轅田を制したという。中古の均田制においても支給する穀田が休耕を要するやせ地の場合は,一易なら倍給,再易なら3倍面積給与の規定であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えきでん【易田】

律令制で、地味が悪く休耕期間を認められ、一年または数年おきに耕作する田。二倍の土地を支給されたが、租税は一般と同じ。やくでん。片荒らし。

やくでん【易田】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えき‐でん【易田】

〘名〙 古代、地味がやせているため一年おきにしか耕作できない田。口分田として給付される場合は二倍の面積が与えられる。
※令集解(701)田「古記云。易田。謂一年作種。一年不種。所以倍給。合二年。分一年作種也」

やく‐でん【易田】

〘名〙 令制で、地味がやせて耕作に適さないため、一年おきにしか耕作できない田。えきでん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の易田の言及

【易田】より

…〈やくでん〉ともよむ。大宝令・養老令の田令の規定では,易田を口分田として班給する際には倍給する定めであった。ただし,実際に易田が口分田として班給されたことを示す史料上の初見は,平安時代初期の821年(弘仁12)で,この少し前あたりから特定の地域で,従来の口分田の中の特に劣悪な田を臨時的に易田と認定することが行われたらしい。…

※「易田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android