コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昔話稲妻表紙 むかしかたりいなづまびょうし

3件 の用語解説(昔話稲妻表紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昔話稲妻表紙
むかしかたりいなづまびょうし

江戸時代後期の読本山東京伝作。5巻5冊。文化3 (1806) 年刊。近松門左衛門の『傾城反魂香 (けいせいはんごんこう) 』の世界を借り,奸臣不破伴左衛門と忠臣名護屋山三との対決を描いたお家騒動物

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むかしがたりいなずまびょうし【昔話稲妻表紙】

読本。山東京伝作。歌川豊国画。1806年(文化3)刊。歌舞伎狂言浮世草子《契情阿国歌舞伎(けいせいおくにかぶき)》(1730)で著名な不破伴左衛門と名古屋山三郎の抗争を,大和国守佐々木家のお家騒動のなかに持ち込んだ伝奇小説。山三郎と遊女葛城(実は不破の妹)の恋愛や,白拍子藤波を殺した忠臣佐々良三八一家が長く怨霊に苦しめられる因果譚などが,蟹満寺(かにまんじ)縁起その他本邦の昔話,民話を豊富に織りこんだ趣向によって語られ,複雑な筋立ての,京伝独自の幻怪華麗な物語的迷宮世界を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昔話稲妻表紙
むかしがたりいなずまびょうし

江戸後期の読本(よみほん)。山東京伝(さんとうきょうでん)作、歌川豊国(とよくに)画。1806年(文化3)江戸西村宗七等刊。足利義政(あしかがよしまさ)将軍のころ、大和(やまと)国佐々木貞国(さだくに)家では、妾(めかけ)の蜘手(くもで)の方(かた)が子の花形丸に家督をとらせようとし、それを奸臣(かんしん)不破伴左衛門(ふわばんざえもん)、悪修験(しゅげん)者頼豪院(らいごういん)らが後押しするが、貞国の嫡子桂之助(かつらのすけ)とその子月若丸を守る忠臣名古屋山三郎、梅津嘉門(うめつかもん)らはこれを滅ぼす。近松門左衛門の浄瑠璃(じょうるり)『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』や『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』『伊達競阿国戯場(だてくらべおくにかぶき)』を踏まえ、浄瑠璃、歌舞伎(かぶき)の草履打(ぞうりうち)・鞘当(さやあて)の見せ場を巧みに転化する。また、京伝の近世初期風俗、伝説、絵画、歌謡に関する考証が付会される。多くの説話が複雑に交錯して、筋がつかみにくいきらいもあるが、京伝読本の頂点をなす作品であろう。[徳田 武]
『『昔話稲妻表紙』(有朋堂文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昔話稲妻表紙の関連キーワード歌川豊国(三代)歌川豊国(初代)稲妻表紙豊国派歌川豊国(2代)歌川豊国(3代)歌川豊国(4代)河内屋源七歌川豊国(初世)歌川豊国(3世)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone