コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不破伴左衛門 ふわ ばんざえもん

3件 の用語解説(不破伴左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

不破伴左衛門 ふわ-ばんざえもん

歌舞伎「鞘当(さやあて)」の主人公
「鞘当」は文政6年(1823)江戸市村座で初演された「浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)」の1場面。名古屋左衛門と白井兵左衛門を殺し浪人となった伴左衛門は,三左衛門の子山三と鞘当てから争いとなり,最後には山三に討たれる。7代市川団十郎が演じた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

不破伴左衛門

歌舞伎「鞘当」の主人公。モデル豊臣秀次(1568~95)に仕え,寵愛された尾張出身の小姓不破万作といわれている。芝居では名古屋山三郎と刀の鞘の触れ合いから争いになる「鞘当」の場面が有名で,現行の型は文政6(1823)年江戸市村座初演「浮世柄比翼稲妻」(4代目鶴屋南北作)による。すでに元禄10(1697)年1月中村座初演「参会名護屋」にも仕組まれ,荒事を得意とする初代市川団十郎が扮している。このとき,不破像から小姓の面影が消え敵役風になったのは,団十郎の経歴に若衆方の時期がなく,反対に敵役の時期があったからではないかと思われる。

(武藤純子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふわばんざえもん【不破伴左衛門】

歌舞伎《鞘当(さやあて)》の主人公として登場する人物。その最初は江戸の土佐浄瑠璃《名古屋山三郎》(延宝ごろ上演)で,不破伴左衛門は名古屋山三郎の友人として登場し,遊女葛城(かつらぎ)を争って山三郎の父を殺害し,親の敵として山三郎に討たれる。これと同じような内容の歌舞伎《遊女論》が江戸の市村座で上演され(延宝8年初演といわれるが座組からは貞享年間か),初世市川団十郎の不破,村山四郎次の山三郎,伊藤小平太の傾城葛城で評判となり,不破名古屋の歌舞伎が流行するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の不破伴左衛門の言及

【昔話稲妻表紙】より

…1806年(文化3)刊。歌舞伎狂言や浮世草子《契情阿国歌舞伎(けいせいおくにかぶき)》(1730)で著名な不破伴左衛門と名古屋山三郎の抗争を,大和国守佐々木家のお家騒動のなかに持ち込んだ伝奇小説。山三郎と遊女葛城(実は不破の妹)の恋愛や,白拍子藤波を殺した忠臣佐々良三八一家が長く怨霊に苦しめられる因果譚などが,蟹満寺(かにまんじ)縁起その他本邦の昔話,民話を豊富に織りこんだ趣向によって語られ,複雑な筋立ての,京伝独自の幻怪華麗な物語的迷宮世界を形成している。…

※「不破伴左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不破伴左衛門の関連キーワード猿若立役実事師主人公白浪物浮世柄比翼稲妻恋の鞘当て御所五郎蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone