コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野天知 ほしのてんち

百科事典マイペディアの解説

星野天知【ほしのてんち】

評論家,小説家。本名慎之輔。別号,天為居士(てんいこじ),破蓮坊(はれんぼう)など。江戸生れ。農科大学林学科卒。1887年平田禿木らと日本橋教会で受洗。明治女学校で教鞭を取り,1890年《女学生》を創刊,主筆となる。
→関連項目文学界

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野天知 ほしの-てんち

1862-1950 明治-昭和時代の評論家,小説家。
文久2年1月10日生まれ。明治20年受洗。明治女学校教師をつとめるかたわら23年女学雑誌社から「女学生」を創刊,主筆。26年には北村透谷らと「文学界」を創刊した。のち書道研究に没頭。作品集に「山菅(やますげ)」,著作に「草書研究法」。昭和25年9月17日死去。88歳。江戸出身。帝国大学卒。本名は慎之輔。
【格言など】悲みは人の真心を突くの鋭鋒(えいほう)なり(「人世の別離」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

星野天知
ほしのてんち
(1862―1950)

評論家、小説家。江戸・日本橋生まれ。本名慎之輔(しんのすけ)。1887年(明治20)受洗。89年帝国大学農科大学卒業。明治女学校教員となり、90年『女学生』を主筆創刊。93年『文学界』を創刊、編集人として経営にも参与しながら中心的に発行を推進した。95年教え子松井万(まん)と結婚。『うらわか草』(1896)創刊。『文学界』廃刊後は文学から遠ざかり書道研究に力を入れた。1948年(昭和23)カトリックの洗礼を受けた。著書に『文学雑著破蓮(はれん)集』(1900)、『山菅(やますげ)』(1902)、『草書研究法』(1909)、回想集『黙歩七十年』(1938)などがある。[橋詰静子]
『笹淵友一著『「文学界」とその時代 上』(1959・明治書院) ▽富田倭子「星野天知評伝」(『学苑』1963.12・昭和女子大学近代文化研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の星野天知の言及

【文学界】より

…他に《うらわか草》1巻を臨時に発行した(1896年5月)。主宰者は星野天知。4号まで発行所を女学雑誌社としたのは,《赤表 女学雑誌》と交互に刊行された《白表 女学雑誌》(《女学雑誌》の文学芸術部門)から,この雑誌が独立したことによる。…

※「星野天知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

星野天知の関連キーワード相馬 黒光1月10日星野 立子女学雑誌星野立子北村透谷島崎藤村

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android