コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通角閃石 ふつうかくせんせき common hornblende

3件 の用語解説(普通角閃石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通角閃石
ふつうかくせんせき
common hornblende

カルシウム角閃石類の一種。単斜晶系。 Na0~1Ca2(Mg,Fe2+)3~5Al2~0(Si6~8Al2~0O22)(OH,F)2 の一般式を有するカルシウム角閃石類のうち,アルミニウムもナトリウムもほとんど含まない透閃石-アクチノ閃石系列 Ca2(Mg,Fe2+)5Si8O22(OH)2 と,(Mg,Fe2+)Si→AlAl ,および Si→NaAl の置換によって得られるパーガス閃石-鉄ヘイスチングス閃石系列 NaCa2(Mg,Fe2+)4AlSi6Al2O22(OH,F)2 との中間に位置する組成を有するカルシウム角閃石を特に普通角閃石という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐かくせんせき【普通角×閃石】

角閃石2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普通角閃石
ふつうかくせんせき
common hornblende

角閃石の一種で、もっとも普通に産する鉱物。現在この名称は独立した鉱物種名としては使われず、何種類かの角閃石の総称。このうち、ほとんどのものが苦土ホルンブレンドで、鉄ホルンブレンドがこれに次ぐ。柱状あるいは短柱状結晶で、安山岩玄武岩、閃緑岩、斑糲(はんれい)岩、花崗(かこう)閃緑岩など各種火成岩中に主要造岩鉱物として産する。またスカルンや緑簾(りょくれん)石角閃岩相からグラニュライト相の低温部に至る広域変成岩中に普通に産する。英名はドイツ語の「角Hornと欺くblenden」という語に由来する。これは、古いドイツ語で、黒っぽくて柱状の結晶が入っていて、いかにも鉱石のようにみえても、実際には回収できる金属を含んでいないので、欺かれるという意味で、かつて鉱山用語として使われていた。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普通角閃石の関連キーワード角閃石透閃石藍閃石硫化カルシウム緑閃石カルシウム石鹸カルシウム出納カルシウム代謝低カルシウム血カルシウム角セン石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone