コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通角閃石 ふつうかくせんせきcommon hornblende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通角閃石
ふつうかくせんせき
common hornblende

カルシウム角閃石類の一種。単斜晶系。 Na0~1Ca2(Mg,Fe2+)3~5Al2~0(Si6~8Al2~0O22)(OH,F)2 の一般式を有するカルシウム角閃石類のうち,アルミニウムもナトリウムもほとんど含まない透閃石-アクチノ閃石系列 Ca2(Mg,Fe2+)5Si8O22(OH)2 と,(Mg,Fe2+)Si→AlAl ,および Si→NaAl の置換によって得られるパーガス閃石-鉄ヘイスチングス閃石系列 NaCa2(Mg,Fe2+)4AlSi6Al2O22(OH,F)2 との中間に位置する組成を有するカルシウム角閃石を特に普通角閃石という。深成岩変成岩中にきわめて普遍的に産出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふつう‐かくせんせき【普通角×閃石】

角閃石2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普通角閃石
ふつうかくせんせき
common hornblende

角閃石の一種で、もっとも普通に産する鉱物。現在この名称は独立した鉱物種名としては使われず、何種類かの角閃石の総称。このうち、ほとんどのものが苦土ホルンブレンドで、鉄ホルンブレンドがこれに次ぐ。柱状あるいは短柱状結晶で、安山岩玄武岩閃緑岩、斑糲(はんれい)岩、花崗(かこう)閃緑岩など各種火成岩中に主要造岩鉱物として産する。またスカルンや緑簾(りょくれん)石角閃岩相からグラニュライト相の低温部に至る広域変成岩中に普通に産する。英名はドイツ語の「角Hornと欺くblenden」という語に由来する。これは、古いドイツ語で、黒っぽくて柱状の結晶が入っていて、いかにも鉱石のようにみえても、実際には回収できる金属を含んでいないので、欺かれるという意味で、かつて鉱山用語として使われていた。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普通角閃石の関連キーワード普通角閃石(データノート)ランプロファイアグラニュライトホルンフェルスパーガス閃石石英閃緑岩苦鉄質岩塩基性岩結晶片岩ツレス岩ミネット花崗岩片麻岩角閃岩