晴海(読み)はるみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「晴海」の解説

晴海
はるみ

東京都中央区南東端、隅田(すみだ)川河口左岸の埋立地にある地区。1926年(大正15)月島4号地として埋め立てられ、1931年(昭和6)竣工(しゅんこう)。面積約168万平方メートル。南東晴海埠頭(ふとう)は1万トン級以上の船が接岸でき、東京港の中心となっている。ドーム型の2号館を主とした4棟の東京国際貿易センターは世界最大規模の国際見本市の会場であったが、1996年(平成8)臨海副都心の有明(ありあけ)に移転(東京ビッグサイト)した。工場、倉庫のほか住宅団地がある。

沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「晴海」の解説

晴海
はるみ

東京都中央区南部の埋立て地。 1926年着工,31年に完成。面積約 1000km2。 55年から客船ターミナルを中心とする港湾機能を整えた東京港のほか,住宅団地や倉庫が立並ぶ。また,常設の見本市会場 (東京国際貿易センター) は 96年に閉鎖され,跡地の一部には東京都の清掃工場が建造されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「晴海」の解説

晴海【はるみ】

東京都中央区,月島の南側にある埋立地の町名。大正末期から埋立を始め,1931年完成。晴海埠頭(ふとう)は第2次大戦後,本格的に整備され,現在東京港の中心的埠頭。船客ターミナル,国際貿易センター,住宅団地がある。再開発も進められ,2001年4月には清掃工場,トリトンスクエアが完成。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「晴海」の解説

はるみ【晴海】

東京都中央区南東端の地名。大正一五年(一九二六)月島の南東側に月島四号地として埋め立てを開始し、昭和六年(一九三一)に完成。第二次世界大戦後、東京港晴海埠頭・国際貿易センターが建設された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「晴海」の解説

はるみ【晴海】

東京都中央区南部の地名。月島の南東に隣接して1931年に完成した埋立地で,古くは新月島とよばれた。1952年から65年にかけて建設された15バースをもつ晴海埠頭があり,東京港の中核をなす。晴海埠頭はセメント水産物砂糖材木砂利などの専用埠頭と客船専用埠頭からなり,東京で消費される輸入果物,小麦大部分がここで陸揚げされる。このほか,広い道路や貨物鉄道,住宅団地もある。晴海の名を特に有名にしたのは1955年に開催された第1回日本国際見本市で,その会場に58年につくられた東京国際貿易センターでは,その後も自動車ショーなど各種の大規模な催物が開かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android