コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我綉侠御所染 ソガモヨウタテシノゴショゾメ

デジタル大辞泉の解説

そがもようたてしのごしょぞめ〔そがモヤウたてしのゴシヨぞめ〕【曽我綉侠御所染】

歌舞伎狂言。世話物。6幕。河竹黙阿弥作。元治元年(1864)江戸市村座初演。柳亭種彦読本浅間嶽面影双紙(あさまがたけおもかげそうし)」を脚色したもの。通称「時鳥(ほととぎす)殺し」「御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我綉侠御所染
そがもようたてしのごしょぞめ

歌舞伎(かぶき)脚本。時代世話物。六幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)」。1864年(元治1)2月、江戸・市村座で4世市川小団次らにより初演。柳亭種彦の読本(よみほん)『浅間嶽面影草子(あさまがだけおもかげぞうし)』をもとに、歌舞伎の古狂言「傾城(けいせい)浅間嶽」の系統を引く「時鳥(ほととぎす)殺し」に侠客(きょうかく)御所五郎蔵を絡ませた作で、別名題(なだい)『時鳥侠客御所染』『侠客御所五郎蔵』。奥州の大名浅間巴之丞(ともえのじょう)の愛妾(あいしょう)時鳥は、正室の母百合(ゆり)の方に憎まれ、悪瘡(あくそう)を発する毒を盛られたうえ、なぶり殺しにされる。時鳥の亡霊は五条坂の廓(くるわ)で傾城逢州(おうしゅう)と遊ぶ巴之丞の前に現れ、逢州と姉妹の名のりをして消える。浅間家の臣須崎角弥(すざきかくや)は腰元皐月(さつき)との恋のため主家を追われ、侠客御所五郎蔵となり、巴之丞のために奔走。傾城になった皐月は夫の金策を助けようと、横恋慕の星影土右衛門(どえもん)に従うとみせ、五郎蔵に愛想づかしをする。怒った五郎蔵は皐月を襲おうとして、誤って逢州を殺し、あとで事情を知って皐月とともに自害する。
 前半の「時鳥殺し」は凄惨(せいさん)な殺し場で知られ、大詰の「五郎蔵内」も2人が尺八と胡弓(こきゅう)を合奏しながら自害するという作者得意の趣向だが、今日では原作の五幕目にあたる「五条坂出逢い」「甲屋(かぶとや)縁切り」「同殺し」の三場が、それぞれ様式美に満ちた演出で特色をもち、繰り返し上演される。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曽我綉侠御所染の関連キーワード歌舞伎狂言

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android