コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我綉侠御所染 ソガモヨウタテシノゴショゾメ

2件 の用語解説(曽我綉侠御所染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そがもようたてしのごしょぞめ〔そがモヤウたてしのゴシヨぞめ〕【曽我綉侠御所染】

歌舞伎狂言。世話物。6幕。河竹黙阿弥作。元治元年(1864)江戸市村座初演。柳亭種彦の読本「浅間嶽面影双紙(あさまがたけおもかげそうし)」を脚色したもの。通称「時鳥(ほととぎす)殺し」「御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我綉侠御所染
そがもようたてしのごしょぞめ

歌舞伎(かぶき)脚本。時代世話物。六幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)」。1864年(元治1)2月、江戸・市村座で4世市川小団次らにより初演。柳亭種彦の読本(よみほん)『浅間嶽面影草子(あさまがだけおもかげぞうし)』をもとに、歌舞伎の古狂言「傾城(けいせい)浅間嶽」の系統を引く「時鳥(ほととぎす)殺し」に侠客(きょうかく)御所五郎蔵を絡ませた作で、別名題(なだい)『時鳥侠客御所染』『侠客御所五郎蔵』。奥州の大名浅間巴之丞(ともえのじょう)の愛妾(あいしょう)時鳥は、正室の母百合(ゆり)の方に憎まれ、悪瘡(あくそう)を発する毒を盛られたうえ、なぶり殺しにされる。時鳥の亡霊は五条坂の廓(くるわ)で傾城逢州(おうしゅう)と遊ぶ巴之丞の前に現れ、逢州と姉妹の名のりをして消える。浅間家の臣須崎角弥(すざきかくや)は腰元皐月(さつき)との恋のため主家を追われ、侠客御所五郎蔵となり、巴之丞のために奔走。傾城になった皐月は夫の金策を助けようと、横恋慕の星影土右衛門(どえもん)に従うとみせ、五郎蔵に愛想づかしをする。怒った五郎蔵は皐月を襲おうとして、誤って逢州を殺し、あとで事情を知って皐月とともに自害する。
 前半の「時鳥殺し」は凄惨(せいさん)な殺し場で知られ、大詰の「五郎蔵内」も2人が尺八と胡弓(こきゅう)を合奏しながら自害するという作者得意の趣向だが、今日では原作の五幕目にあたる「五条坂出逢い」「甲屋(かぶとや)縁切り」「同殺し」の三場が、それぞれ様式美に満ちた演出で特色をもち、繰り返し上演される。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽我綉侠御所染の関連キーワード江戸狂言お静礼三四千両小判梅葉霜夜鐘十字辻筮小袖曽我薊色縫小春穏沖津白浪三題噺魚屋茶碗早苗鳥伊達聞書処女評判善悪鏡夜討曽我狩場曙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone