コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月圭介 もちづき けいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月圭介 もちづき-けいすけ

1867-1941 明治-昭和時代前期の政治家。
慶応3年2月27日生まれ。生家安芸(あき)(広島県)の廻船問屋。東京の攻玉社などでまなぶ。明治31年衆議院議員(当選13回)。原内閣時代などに政友会幹事長をつとめ,田中義一内閣の逓信相・内相,岡田内閣の逓信相を歴任した。昭和16年1月1日死去。75歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

望月圭介
もちづきけいすけ
(1867―1941)

明治・大正・昭和期の政党政治家。慶応(けいおう)3年2月27日広島県に生まれる。家業は海運業。攻玉社(こうぎょくしゃ)、共立学校、明治英学校に学ぶ。1898年(明治31)8月の第6回総選挙以来、衆議院議員に13回当選。原敬(たかし)内閣期の政友会幹事長。田中義一(ぎいち)内閣の逓相(ていしょう)・内相。田中の死後、岡崎邦輔(くにすけ)とともに政友会の長老的存在であったが、鈴木喜三郎(きさぶろう)総裁ら主流派への反発を強め、1935年(昭和10)5月党議に反し岡田啓介(けいすけ)内閣の内閣審議会委員になり除名。同年9月逓相として入閣し、12月内田信也(のぶや)、山崎達之輔(たつのすけ)らと昭和会を組織。1939年政友会分裂後、政友会に復帰、中島派に属し、翌1940年米内光政(よないみつまさ)内閣の参議となった。翌昭和16年1月1日死去。[榎本勝巳]
『伝記編纂委員会編・刊『望月圭介伝』(1945)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

望月圭介の関連キーワード海と島の歴史資料館多賀谷真稔昭和会

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android