コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

期待可能性 きたいかのうせいZumutbarkeit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

期待可能性
きたいかのうせい
Zumutbarkeit

罪を犯した時点の周囲の諸事情を考慮して,行為者が違法行為を思いとどまり,他の適法行為をすることを期待できたことをいう。刑事責任の本質を非難ないし非難可能性として理解する刑法の責任論の主流的見解 (いわゆる規範的責任論) では,期待可能性のあることが,罪を犯したことについて責任を負わせるための基本的な要件だとされ,期待可能性のない行為は罪を犯す意思があっても,責任が阻却され罪とならないとする。もっとも,期待可能性存否の判断において,だれを標準にして決定するかをめぐり,行為者本人,一般人,国家などを標準にする説が対立している。日本での通説はこの理論を認め,判例も高等裁判所段階では,期待可能性がないことを理由に,無罪とした例があるが,最高裁判所ではまだ期待可能性を欠くことを理由に無罪を認めた例はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたい‐かのうせい【期待可能性】

犯罪行為の当時、行為者が適法行為をすることができたはずだと期待できること。期待可能性がなければ刑事責任はないという学説根拠となる概念

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

期待可能性【きたいかのうせい】

刑法学上の用語で,行為の当時,行為者が適法行為をなし得たであろうと期待し得る可能性。この可能性のない場合は行為者の責任を追及できない。通常はだれをその立場に置いてもやはり同じ行動をとっただろうと思われる場合に期待可能性がないとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたいかのうせい【期待可能性 Zumutbarkeit[ドイツ]】

法律用語。犯罪行為時において行為者に適法行為を期待しうることをいう。期待可能性は,刑事責任の本質を法的あるいは道義的非難可能性に求める規範的責任論における中核的概念である。なぜなら,刑法とは,犯罪行為に対して刑罰という制裁を反対動機として告知することにより,人間の行動を心理的にコントロールするものであるから,そこでは,行為者が行為時において,適法行為へと意思決定しうる可能性を有していたことが前提となるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたいかのうせい【期待可能性】

〘法〙 行為の当時の状況において、適法な行為を行うことを行為者に期待できること。その有無・程度により、行為者に対する非難、ひいては刑事責任の有無・軽重が定まる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

期待可能性
きたいかのうせい

行為者が犯罪以外の行為(適法行為)を行うことを期待できる可能性。このような適法行為の期待可能性を、単に、期待可能性Zumutbarkeit(ドイツ語)という。刑事責任を問うためには、期待可能性が必要であり、今日では、責任能力などとともに責任の一要素とされている。
 刑法上の責任のとらえ方につき、かつては心理的責任論とよばれる考え方を前提として、責任の実体は行為者の心理的関係(事実または可能性)と解され、行為者に責任能力のほか、故意または過失があれば責任を肯定しうるものと考えられていた。ところが、ドイツで、ライネンフェンガーLeinenfnger事件とよばれる有名な事件(馬車の御者が雇い主に対し暴れ馬を他の馬と交換するよう要求していたにもかかわらず、雇い主がこの要求に応ぜず、解雇すると迫ったので、やむをえず雇い主の命令に従い暴れ馬を使用していたところ、誤って通行人に負傷させたという事案。暴れ馬事件ともいう)に対し、ライヒ裁判所は、1897年、その職を失ってまで雇い主の命令に逆らうことは、前記の御者には期待できないとの理由で無罪を言い渡した。この判決を契機として、フランクReinhard Frank(1860―1934)をはじめ多くの有力な刑法学者が、責任能力者の故意または過失による行為であっても、行為の際の具体的事情によっては、行為者に責任を問いえない場合があることを認めるに至った。そして、刑法上の責任は、心理的要素とともに、行為者に適法行為に出ることを期待できるという規範的要素をも具備することを要するものと解されることとなった。このような背景のもとに、かつての心理的責任論にかわって、責任の本質は行為者に対する非難可能性であり、この非難可能性は適法行為の期待可能性の有無により判断されるとする規範的責任論が支配的となるに至った。規範的責任論においては、期待可能性は責任の中核をなし、責任の存否および程度を判断するうえで決定的な意義を有する。ただ、期待可能性に関し、とくにだれを基準としてこの可能性を判断すべきかという点につき、行為者標準説、通常人(平均人・一般人)標準説、国家標準説の争いがみられる。いずれにせよ、期待可能性の理論は、可罰的違法性の理論などとともに、刑法の画一的・形式的な運用を避け、その具体的妥当性を図るうえで、重要な意味をもつ。日本の実務でも、下級審裁判所判例には、期待可能性が少ないとして責任を軽減したもの、さらには期待可能性の不存在を理由に無罪としたものもみられるが、最高裁判所は消極的な態度をとっている。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の期待可能性の言及

【責任】より

…これを心理的責任論という。心理的責任論から規範的責任論への移行は,すでに責任要素としての故意・過失の心理的分析においても,過失については,認識すべきであり可能であったのに認識しなかった不注意ということが単なる心理的事実を超えた義務違反の要素を含むのではないか,故意についても,単なる事実の認識を超えた違法性の認識等を含むのではないか,という形での規範的要素への注目という点において始まっていたが,20世紀初頭のドイツにおける期待可能性論の台頭とその急速な一般化によって決定的なものとなった。詳細は〈期待可能性〉の項に譲るが,そこでは,たとえ,故意・過失という心理的事実があっても,行為者に当該犯罪行為以外の行為をとるべきでありかつとりえたことを期待しうるような情況がない限り(〈付随事情の正常性〉がない限り),これを非難することはできず,責任はないとされ,逆に,適法行為の期待可能性が存在するにもかかわらず,みずからの意思に基づき違法行為を選択・実行したことに対する非難が責任ととらえられるに至ったのである。…

※「期待可能性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

期待可能性の関連キーワードカルネアデスの板責任(法律)証拠隠滅罪間接正犯有無

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

期待可能性の関連情報